2023年美容界隈ではこれが流行った!オモスキが選ぶ美容トレンド10選

公開日:2024/01/06 更新日:2024/04/11

2023年美容界隈ではこれが流行った!オモスキが選ぶ美容トレンド10選

Withコロナ期に突入し、脱マスクが進んだ2023年。美意識が高い人たちのなかではどのような美容医療がブームになっていたのでしょうか。2023年に流行した美容医療をまとめておさらいします!

2024年最新のクマ治療「スネコス注射」

スネコスは、ヒアルロン酸と6種のアミノ酸が配合された薬剤を注入することで、コラーゲンやエラスチンの生成を促進し、血管が透けにくいハリのある肌へと導いてくれるエイジングケア注射。

これまで治療が難しいとされていた青クマの治療に効果アリ!と人気を集めました。

ニードルRFによる肌質改善「ポテンツァ」

極細の針で肌の表面に小さな孔をあけ、針の先端から照射されるRF(ラジオ波)で熱刺激を与えることで肌のターンオーバーを促す肌質改善治療ポテンツァ。ダーマペンの進化系と一躍話題となり、SNSは施術のBefore・Afterを載せる人で賑わいました。

脂肪を除去して老け見え改善「下眼瞼脱脂」

目の下に突出した眼窩脂肪を除去することで、たるみやクマを解消する下眼瞼脱脂。施術直後の目元に除去後の脂肪を並べたショッキングな映像をSNSにアップするクリニックも続々と登場した施術です。

 

脱マスク前の駆け込みで大流行!「人中短縮」

顔立ちを若々しくかわいらしい印象に変えたい!と脱マスク前の駆け込みニーズが高かった人中短縮に関する施術。人中部分を外科手術によって縫い縮める施術や、ヒアルロン酸注入によって唇のボリュームをアップさせて人中を短く見焦る施術など、人中短縮に関する施術が大流行した一年でした。

医療分野でも大注目の再生治療「エクソソーム」

細胞の修復と組織の若返りに効果が見込めると、美容医療はもちろん再生医療分野でも大注目のエクソソーム。最先端のアンチエイジング治療として、美容クリニックでエクソソームを活用した治療が大流行したほか、エクソソームを配合した美容液なども登場しました。

 

ハチミツを配合したピーリング剤「マヌカリタッチ」

マヌカリタッチは、乳酸やグリコール酸、サリチルさんに抗菌作用を持つマヌカハニーをプラスした薬剤を使用して行うピーリング治療。余分な角質を除去し、肌のキメを整えてくれるピーリングと話題になりました。

※2024年1月現在表参道スキンクリニックでの取り扱いはありません

種類も充実してますます人気に「糸リフト」

皮ふに埋め込んだ糸でたるみを一気に引き上げる「切らないリフトアップ術」として人気の糸リフト。従来のVOVリフト、テスリフトのほか、ヤングスリフトが新たに加わり、より柔軟なリフトアップが可能になりました。

顔全体のたるみに照射可能な「ボルニューマー」

ボルニューマーはHIFU(ハイフ)と同じく脂肪層に熱を与えることで組織を変性させ、肌のたるみを引き締める医療機器です。口もとや目元といったデリケートなパーツにも照射ができると注目を集めました。

※2024年1月現在表参道スキンクリニックでの取り扱いはありません

韓国発のアンチエイジング注射「リジュラン」

リジュランは、目元や額のしわや、肌の弾力不足によってあらわれる小じわを解消したい人に人気が高い韓国発のアンチエイジング注射です。サーモンから抽出された有効成分によって作られているため、サーモン注射とも呼ばれています。リジュランを受けるために渡韓する人も多かったのではないでしょうか。

脱マスクをきっかけに高まった「鼻意識向上」

2020年から続いたコロナ禍によるマスク生活も落ち着き、脱マスクが進んだ2024年。マスクで隠れていた鼻にコンプレックスを感じ、鼻整形を検討する人が増えた結果、多くのクリニックで鼻フル整形メニューが押し出された一年でした。

鼻は顔の印象を大きく左右するパーツです。“鼻意識”の向上は、美意識そのものの向上といえるかもしれません。

美容医療トレンドは今後も大注目

2023年に人気を集めたさまざまな美容メニューを振り返ってみましたがいかがでしたでしょうか。気になるメニューや解消したいお悩みがある方は、ぜひカウンセリングでご相談ください。2024年も表参道スキンクリニックでは話題の美容医療に注目しながら、患者様のお悩みに適した治療を行ってまいります。

Inquiry

お問い合わせ

電話予約・お問い合わせはこちらから

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて