ハイフ(HIFU)とは?効果やハイフに向かない人の特徴も解説

公開日:2022/08/01 更新日:2024/03/20

ハイフ(HIFU)とは?効果やハイフに向かない人の特徴も解説

ハイフ(HIFU)は顔のリフトアップ効果だけでなく、肌の引き締め効果も得られる美容施術です。メスや注射を使わずに施術ができるため、副作用やダウンタイムがほとんどなく、外科手術に抵抗がある方でも比較的気軽に受けやすい施術と言えるでしょう。

本記事ではハイフの効果や変化を実感しやすいお悩み、ハイフの施術が向いている人・向いていない人の特徴まで詳しく解説していきます。「肌のたるみやしわが気になってきた」「ハイフを検討しているけれど、どんな施術か分からない……」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハイフ(HIFU)とは

ハイフ(HIFU)とは「High Intensity Focused Ultrasound」の頭文字をとった略称で、日本語で高密度焦点式超音波という意味です。高密度の超音波を肌奥の特定の層にのみ照射することで、表面の皮膚を傷つけることなく強い熱エネルギーを与えることが可能です。この熱エネルギーによってダメージを受けた組織は、創傷治癒の過程でコラーゲンやエラスチンなどの生成が促進されます。これによってリフトアップや肌の引き締め、ハリツヤの改善といった効果が得られます。

また、ダウンタイムがほとんどなく、安全性が高いことも特長の一つです。施術後の肌状態にもよりますが、基本的には施術直後でもメイクが可能です。

ハイフ(HIFU)の施術で期待できる4つの効果

前述の通り、ハイフは様々なお悩みを改善できる施術です。まずここでは、期待できる主な効果を4つご紹介します。

1. リフトアップ効果

ハイフのリフトアップ効果により、ほうれい線やフェイスラインのたるみの改善が期待できます。
ここで重要になるのが「SMAS筋膜」と呼ばれる組織です。皮膚は表皮、真皮、皮下組織という3つの層で成り立っており、皮下組織と表情筋の間にあるのがSMAS筋膜と呼ばれるコラーゲンでできた膜様の組織です。加齢によって肌の土台とも言われるSMAS筋膜が緩んでしまうと皮膚を支えきれなくなり、顔のたるみにつながってしまうのです。

以前は、このSMAS筋膜へアプローチするためには、フェイスリフトのような外科手術が必要でした。しかしハイフの登場によって、メスを使わなくてもピンポイントでSMAS筋膜へ熱エネルギーを加えることができるようになり、高いリフトアップ効果を得ることが可能になったのです。肌への負担を抑えられダウンタイムも少ないことから、手軽にたるみの根本を改善し、スッキリとしたフェイスラインを手に入れられるようになりました。

2. 肌質の改善効果

ハイフの熱エネルギーが加わるとコラーゲン繊維が収縮するため、お肌の引き締め効果が得られます。また、熱エネルギーを受けた組織はダメージを修復しようとするため、創傷治癒の過程でコラーゲンやエラスチンといった美肌成分の生成が促進されます。この作用は数ヶ月にわたって続くため、皮膚の弾力がアップすることでたるみ毛穴やハリツヤが改善し、キメの整ったお肌に導くことが期待できます。

3. しわの改善効果

ハイフの熱エネルギーによって真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成が促進すると、肌にハリや弾力が生まれるため、小じわの改善にも効果的です。例えば目元のしわ改善にはボトックス注射を打つことが多いですが、注射に抵抗がある場合や内出血のリスクを避けたい場合は、ハイフがおすすめです。

4. ダイエット効果

ハイフには部分やせの効果もあります。太さが気になる部位に照射すると、熱エネルギーが脂肪細胞を破壊し、破壊された脂肪細胞は老廃物として体外に排出されます。即効性はありませんが、1〜2カ月かけて徐々に施術した箇所のボリュームダウンを実感できるでしょう。また一度の施術で照射できる範囲には限りがあるため、理想の部分痩せを実感するためには、3〜5回ほど施術を繰り返す必要があります。

腰周りや二の腕、太もも、ヒップラインといった、食事制限や運動などの努力ではなかなか痩せにくいパーツの引き締めにおすすめです。

ハイフ(HIFU)の効果を実感しやすいお悩み

次に、ハイフの効果を実感しやすいお悩みを3つご紹介します。

1. ほうれい線、マリオネットライン

老けて見えるお悩みの代表格として、ほうれい線やマリオネットラインが挙げられます。これらが目立つようになる原因はいくつかありますが、SMAS筋膜が緩むことで皮膚を支えきれなくなってしまい、頬や口元の皮膚がたるむことで生じている場合が多いです。
ハイフでSMAS筋膜を引き締めることで、頬のたるみが改善され、ほうれい線が薄くなります。合わせて真皮層にも照射すれば、コラーゲンやエラスチンの生成を促す効果から肌のハリや弾力も復活し、より若々しい印象になれるでしょう。

2. 二重あご

二重あごは自己流のダイエットやマッサージでは改善されにくいため、悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
二重あごは食べ過ぎやむくみ、加齢などによって、フェイスラインや顎下に脂肪がついてしまうことで生じます。ハイフで熱エネルギーを加え脂肪細胞を破壊ですることで、二重あごをすっきりと改善する効果が期待できます。

3. フェイスラインのたるみ

加齢に伴う輪郭に沿ったフェイスラインのたるみも、多くの方が悩まれている部位です。
繰り返しになりますが、この部位もSMAS筋膜にしっかりと熱エネルギーを加えることでフェイスライン全体が引き締まり、すっきりとシャープな印象になるでしょう。

ハイフ(HIFU)の効果はいつから実感できる?

顔周りへ照射した場合のリフトアップやしわ改善、ハリ・ツヤアップの効果は施術直後から感じられることが多いですが、効果のピークは施術から約1ヶ月後と言われています。
お腹周りや二の腕、太ももといったパーツへの施術の場合も効果実感できるまでの期間は同様で、施術後約1〜2カ月と考えておきましょう。

ハイフ(HIFU)の効果の持続期間

ハイフの効果は、一般的に約半年間持続すると言われています。もちろん施術を受ける方の状態や施術内容によっても効果の出方は変わってくるため、これはあくまでも目安と言えます。施術から4カ月ほどで、早くも施術箇所が再び気になり出す人もいれば、1年以上効果の持続を実感できる人もいます。

なお、ダイエット効果についてのみ、上記とは異なります。破壊された脂肪細胞は元には戻らないため、リバウンドしにくく、基本的に施術の効果は持続すると考えられます。

ハイフ(HIFU)の施術のメリット

・ハイフの施術のメリットは、主に以下の3つです。
・傷跡が残らない
・肌が受けるダメージが少ない
・施術時間が短い

前述の通り、ハイフはメスや針を使わずにSMAS筋膜へ直接アプローチできるため、肌表面に小さな傷跡すら残ることはありません。

またハイフは出力やショット数を調整できるので、肌への負担や痛みを軽減することが可能です。赤みや腫れなどの副作用も少なく、周りの人に施術を受けたことがバレにくいというのも、人によっては嬉しいポイントでしょう。

さらにハイフはダウンタイムがほとんどないだけでなく、施術の時間自体も短いです。機種や施術箇所にもよりますが、30〜45分程度で終わることが多く、忙しくても美しくいたいという方におすすめの施術です。

表参道クリニックのハイフ(HIFU)の施術ページ

ハイフ(HIFU)の施術を受ける際の注意点

ハイフを受ける際は、注意点についてもきちんと理解しておかなければなりません。
ハイフの施術の注意点は、主に以下の3つです。
・人によって副作用が出る場合がある
・紫外線によるダメージを受けやすい
・ハイフによる施術を受けられない人がいる

ハイフは重大な副作用が起こりにくい施術ですが、副作用の可能性が全くないわけではありません。

稀に赤み、腫れ、むくみといった症状が出ることがありますが、数日で自然に落ち着くため過度な心配は入りません。ほとんどはメイクでカバーできる程度の症状ですが、万が一水ぶくれができるなど火傷が疑わしい場合や腫れがなかなか引かない場合はすぐに医師へ相談してください。

正しい施術でも起こりやすいのが、肌の乾燥です。施術直後の肌は、熱エネルギーの影響で肌の水分量が一時的に減り、乾燥して紫外線ダメージを受けやすくなります。そのため、保湿をしっかりと行い、日焼け止めを塗るなど紫外線対策を普段以上に気をつけて行うようにしましょう。

ハイフの施術による副作用に必要以上に悩まされないためには、施術を受けるクリニックの選択が重要です。料金の安さだけで決めるのではなく、口コミや施術を行う医師の実績なども必ずチェックするようにしましょう。

また、ハイフの施術を受けられないケースがあることも把握しておきましょう。以下に当てはまる方は施術を受けられない可能性が高いです。
・妊娠中・授乳中
・ペースメーカーなど埋め込み型の医療機器、インプラント、金属が入っている
・肌に大きなトラブル、疾患がある
・心臓に疾患がある
・施術直前、直後に他の施術を受けた、受ける予定がある
・ケロイド体質

上記の他、施術箇所の状態によって医師がハイフの施術をすべきでないと判断することもあり得ます。心配な点がある方は、事前のカウンセリングで医師に相談しましょう。

ハイフ(HIFU)が向いている人の特徴

ハイフは侵襲が少なく気軽に受けられることから、人気を集めている美容施術です。しかし全ての人がハイフによって効果を実感できるかというと、そうではありません。ハイフには、効果を実感しやすい人(ハイフが向いている人)と実感しづらい人(ハイフに向いていない人)がいます。

ハイフが向いている人には、以下の2つの特徴があります。
・顔のしわやたるみが気になり始めた方
・肌のハリやツヤが無くなってきた方

ハイフは目元、頬、フェイスラインといった顔のほとんどのパーツに対して施術ができるので、顔全体の老化が気になる方におすすめです。20代後半以降の年代になると、たるみやしわ、ハリやツヤの減少といった肌の衰えを実感する方も増えてくるでしょう。具体的なお悩み箇所へハイフを照射することで、リフトアップ効果や美肌効果などを感じられるはずです。

ハイフ(HIFU)に向いていない人の特徴

対して、ハイフに向いていない人の特徴は以下の4つです。
・定期的に施術を受けられない方
・年齢が若い方(たるみが少ない方)
・脂肪が少ない方
・痛みに極端に弱い方
・肌にトラブルや異常がある方

まず、定期的に施術を受けられない方にはハイフは不向きです。ハイフは一度施術を受けたからといって、たるみやしわなどが半永久的になくなるものではありません。年齢とともに肌の老化も進行するため、時間が経てばたるみやしわがまた徐々に目立ってきてしまいます。ハイフによる効果をキープするためには、定期的に施術を受け続ける必要があります。

また年齢が若い方がハイフを受ける場合も、リフトアップ効果はあまり期待できません。元々引き締まっているSMAS筋膜に熱エネルギーを与えても大きな変化は起こりづらいため、期待していた程の効果は実感できない場合が多いでしょう。
その他、顔の脂肪が少ない方は、ハイフの施術によって頬などがコケてしまう場合があるので注意が必要です。

なお、ハイフは超音波を照射し、皮膚組織に熱エネルギーを与えるため、どうしても痛みが生じやすいです。また皮膚組織にダメージを与える行為のため、肌トラブルが生じている箇所に施術を重ねると、そのトラブルを増大させてしまう可能性があります。痛みに極端に弱い方や、肌トラブルがある方には向かない施術と言えるでしょう。

ハイフ(HIFU)の効果を得やすくする方法

最後に、ハイフの効果を十分に得るために、施術の前後で押さえておきたいポイントをご紹介します。

1. 信頼できるクリニックで施術を受ける

まず大切なのは、信頼できるクリニックで施術を受けることです。
ハイフの効果は使用する機器や照射方法によって大きく変わってきます。ハイフはあくまでも「医療行為」であり、施術には医師の医学的知識と技能を必要とするため、信頼のおけるクリニックで医師の診断の元に施術を受けるようにしましょう。
クリニックを選ぶ際は、以下の項目をチェックするのがおすすめです。
・カウンセリングが丁寧
・事前のリスク説明がある
・ハイフの施術の症例実績が多数ある
・実際に施術を受けた人の口コミやレビューの評価が高い

2. 適切なショット数を選択する

ハイフの効果は、ショット数(照射数)によっても変わってきます。ショット数が少なすぎると十分な効果を得られなくなり、逆にショット数が多すぎると肌へのダメージが大きくなりすぎてしまいます。
どの機種を使用するのかということや、施術を受ける方の肌の状況によっても、打つべきショット数は変動します。施術を担当する医師と相談の上、適切なショット数を選択するようにしましょう。

3. 施術後は肌のケアを徹底する

繰り返しになりますが、ハイフ施術直後は熱エネルギーの影響によって、一時的に肌の水分量が減少します。そのため乾燥しやすく、紫外線や摩擦などによるダメージを受けやすい状態です。化粧水や乳液で保湿をしっかりと行い、日焼け止めも忘れずに使用するようにしましょう。

4. 定期的に施術を受ける

リフトアップやしわ改善などの効果を狙った施術の場合、施術後の効果は、時間が経つと徐々に薄れていきます。施術後の肌状態をキープするためには、効果が薄くなってきたタイミングで、再びハイフの施術を受けることが大切です。ただし、施術の頻度が高すぎると、今度は肌へ負担がかかりすぎてしまうため、数カ月〜半年ほどのペースで施術を受けるのがおすすめです。

まとめ

ハイフには肌のリフトアップや引き締め効果などがあり、加齢による様々なお悩みを改善に導きます。
メスや針を使わない施術のため、比較的気軽に受けられるのがメリットの一つとして挙げられますが、中にはハイフに向いていない人もいます。多少なりとも副作用のリスクはあるため、ポイントや注意点を押さえた上で、適切な施術を受けるようにしましょう。
表参道スキンクリニックでは、事前のカウンセリングでお一人お一人の状態に合わせた適切な施術プランをご提案します。たるみやしわのない若々しく美しい肌を取り戻したい方は、まずは無料のメール相談や電話相談から、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼表参道スキンクリニック ハイフ詳細ページはこちら

本ページの監修医師

渋谷 友香医師

経歴

所属学会

日本形成外科学会

プロフィールを見る

お問い合わせ

Inquiry

電話予約・お問い合わせはこちらから

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて