肌の角質をオフして肌質改善。ピーリング治療の基本と組み合わせたい肌治療を解説

公開日:2023/09/23 更新日:2024/04/08

肌の角質をオフして肌質改善。ピーリング治療の基本と組み合わせたい肌治療を解説

肌表面の古い角質や蓄積した汚れを剥離(ピール)することで、肌のごわつきやざらつきを改善しながら肌質の向上を目指せると人気のピーリング治療。一度の施術でも効果を実感できるので、はじめての肌治療にピーリングを選ぶ人も少なくありません。ピーリング治療を受けるまえに知っておきたい基礎知識と、ピーリング治療と組み合わせたいメニューを解説します。

ピーリング治療の種類

ピーリング治療は、施術方法や使用する薬剤など、さまざまなメニューがあります。当院では、患者様の肌悩みや肌の状態に合わせて「ケミカルピーリング」「サリチル酸マクロゴールピーリング」「マッサージピール」「ハイドラフェイシャル」の4種類のピーリングメニューをご用意しています。

それぞれのピーリング治療の特徴はこちらで解説しています。

 

ピーリング治療の役割と選び方

ピーリング治療にはさまざまなメニューがありますが、いずれも薬剤などで皮ふの角質層をやわらかくし、古い角質や汚れとともに剥離(ピール)させる肌治療です。そのため、どのメニューを選んでも、肌表面のごわつきやざらつきをオフする効果が見込めます。
ニードルRFなどの肌治療と比較するとダウンタイムも少ないため、周りにバレずに肌質改善したいという人には向いている治療です。

さらにピーリング治療には、メニューによって美白効果が期待できるものや、肌のハリ・ツヤ改善効果が期待できるものなど、複合的な効果が期待できるものもあります。現在の肌の状態や、なりたい肌の状態などを考慮してメニューを選ぶことが大切です。

ピーリング治療の流れ

ピーリング治療のメニューはさまざまですが、いずれの場合も清潔な肌に薬剤を塗布するかたちでおこないます。施術中は治療の性質上、薬剤や肌の状態によってはピリピリとした刺激を感じることがありますが、強い痛みがあらわれることはありません。
洗顔などで薬剤を落とし、施術終了となります。施術後はどのピーリングメニューを行った場合であってもその日のうちからメイクすることが可能です。

ピーリング治療の注意点

皮ふの角質層をやわらかくすることで古い角質を剥離するという治療の性質上、ピーリング後の肌はとても乾燥しやすくデリケートな状態となります。そのため、ピーリング治療を受けたあとは数日間にわたり、入念に保湿をおこなうアフターケアが必須です。

ピーリング治療はイオン導入とセットで行うのがおすすめ

当院では、ピーリング治療で肌表面の古い角質をオフしたあとに、イオン導入やケアシス(エレクトロポレーション)など、美容成分を肌に導入する施術をセットで受けるのをおすすめしています。

イオン導入は肌に微弱な電気パルスを流しながら、高濃度ビタミンやトランサミンといった美容成分を肌の深部に届ける肌治療です。

エレクトロポレーションはイオン導入の一種ですが、電気パルスによって肌に物理的に小さな孔をあけながら美容成分を届ける肌治療です。イオン導入よりもよりしっかりと美容成分を届けることができるうえ、冷却しながら施術をおこなうため術後にでやすい肌の赤みも抑えてくれる効果が期待できます。

いずれもピーリング治療後のクリーンな肌に行うことで、通常よりも効果が期待できる施術です。ピーリング治療を検討する際には、ぜひ合わせてイオン導入やケアシスの施術を検討してみてくださいね。詳細はカウンセリング時にお気軽におたずねください。

 

Inquiry

お問い合わせ

電話予約・お問い合わせはこちらから

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて