ハイフの間隔はなぜ空けるべき?2回目の適切な間隔や持続期間の解説

公開日:2022/08/02 更新日:2022/08/03

ハイフの間隔はなぜ空けるべき?2回目の適切な間隔や持続期間の解説

ハイフの効果は半永久的に持続するわけではないため、効果を切らさないためには施術を繰り返し行う必要があります。しかし、施術を必要以上に繰り返したり、適切な間隔を空けずに施術したりした場合、思いもよらぬ肌トラブルを引き起こしかねないので注意してください。

本記事では、ハイフの施術方法を解説した上で、ハイフの効果、効果が得られる時期、持続期間、効果を得やすくする方法などについて解説します。あわせて、ハイフの間隔を空けるべき理由についても解説します。

ハイフ(HIFU)の施術方法

ハイフは高密度焦点照射式超音波治療と呼ばれる施術の一つです。ハイフ治療を受けることでさまざまな効果を期待できますが、肌をリフトアップさせるために施術を受ける方が多い傾向にあります。ハイフ治療は専用の機械で肌に超音波を当て、肌はそのときに発生した熱によって刺激を受けます。威力の強い超音波を肌に照射することで、皮膚のたるみを引き上げることが可能です。

ハイフは施術が必要な部位にピンポイントで音波を照射できるため、施術の対象としない部分へのダメージを避けられます。そのため、肌に必要以上の負担を与えにくい施術です。
従来、リフトアップには外科手術が一般的でした。針と糸を用いる施術に抵抗がある方や、比較的長いダウンタイムが日常生活に影響を与えると感じる方も少なくありませんでした。ハイフはダウンタイムが短く、かつメイクもすぐにできるため、フルタイムで働かれている方も休日に受けやすい施術です。

ハイフの施術を受けて得られる効果

ハイフはリフトアップだけでなく、さまざまな肌の悩みに効果的です。ここでは、ハイフの施術を受けて得られる効果を紹介します。

ハイフの施術を受けて得られる効果として下記の4つがあります。

・肌質改善
・肌のリフトアップ
・しわの改善
・ダイエット

それぞれ詳しく見ていきましょう。

肌質の改善

超音波の照射を受けた肌の細胞は活性化します。特に、コラーゲンを増加する線維芽細胞を活性化するため、肌質が改善されて美白や美肌といった効果を期待できるのです。

線維芽細胞による効果は施術直後のみならず、ある程度の期間持続するため美しい肌の状態をしばらく保てます。

肌のリフトアップ

ハイフの効果としてリフトアップは最もよく知られている効果といえるかもしれません。

ハイフ治療では筋膜層が熱で引き締まるため、たるみが改善され、リフトアップを実感できます。

しわの改善

肌がリフトアップされると余分なたるみがなくなるため、しわも改善できます。

現在あるしわを改善できるだけでなく、ハイフはしわ予防にも効果的です。

ダイエット

ハイフ治療を受けて、小顔になったと感じる方や、引き締まったと感じる方も多いです。

ハイフで筋膜層に超音波の刺激を与えることにより、刺激を受けた部分の脂肪は分解されます。分解された脂肪は老廃物と一緒に体外に排出されます。

ハイフの効果が現れるのはいつ?

施術から1カ月程度経過すると、効果を実感できる方が多いようです。ただし、ハイフの効果を実感できるまでの期間は個人差があるため一概にいうことはできません。

ハイフ治療の直後、効果を実感できる方や鏡を施術後に見て顔の変化に気付かれる方もいます。また、ハイフ治療前に撮影した写真と比べると、他者が見ても分かる程度に大きな効果を得ている方もいます。

ハイフの効果の持続期間

ハイフの効果の持続期間にも個人差があるため一概にいうことはできません。また、施術を行った部位によっても、効果の持続期間は異なります。

顔や首のしわやたるみの改善は半年から1年ほど効果が持続します。また、ハイフを行うと、肌質が改善され、肌にツヤや弾力が出ますが、その効果は1〜3カ月程度続くのが一般的です。

また、皮下脂肪の減少による小顔効果や引き締め効果は、皮下脂肪が新たに付かなければ半永久的に持続します。

ハイフの施術効果を得やすくするためには?

ハイフ治療を受けるからには効果をしっかりと実感したいと思われている方は多いでしょう。ハイフの効果は個人差がありますが、ハイフの施術効果を得やすくするための方法もあります。

ハイフの施術効果を得やすくするためのポイントは下記の5つです。

・適度な間隔で施術を受ける
・カウンセリング、およびフォロー体制が整っているクリニックで受ける
・カートリッジの大きさや照射範囲で選ぶ
・施術後は保湿と紫外線対策をきちんと行う
・他の治療法を組み合わせる

それぞれ詳しく解説します。

適度な間隔で施術を受ける

ハイフの持続期間は半年から1年です。美しい肌の状態を保ちたい方は半年に一度の頻度で施術を受けることで、効果を途切れさせず持続できます。

ハイフの効果を継続したい方は、適切な頻度で通院するようにしましょう。

カウンセリング、およびフォロー体制が整っているクリニックで受ける

ハイフはピンポイントで施術を行う治療法のため、施術を受ける前に気になる部分や悩みを伝える必要があります。治療を受けたい箇所や肌トラブルを適切に伝えられなかった場合、希望している部位とは異なる部位が施術の対象となることもあるため注意してください。

また、理想とする顔の輪郭があれば、カウンセリングの際に要望として伝えてみてもよいでしょう。

カートリッジの大きさや照射範囲で選ぶ

ハイフはショット数も効果に関係しますが、カートリッジの大きさや照射範囲も重要なポイントになります。例えば、同じ範囲を施術する場合、小さなカートリッジであれば、大きなカートリッジよりもショット数が必要です。ショット数が多ければよいわけではないことを覚えておいてください。

カウンセリング時にハイフのショット数について説明があるクリニックもあります。

施術後は保湿と紫外線対策をきちんと行う

ハイフは副作用が出にくく、なおかつダウンタイムがあまり必要ない施術です。しかし、表面的にはダメージがなくても、施術によってある程度のダメージを受けています。施術直後の肌は紫外線にも弱くなっています。肌の状態を悪化させないためにも、日焼け止めを塗るようにしてください。

施術後の肌は乾燥しやすい状態ですので、化粧水や乳液などできちんと保湿するようにしましょう。保湿には肌の再生を促す効果もあります。

他の治療法を組み合わせる

ハイフ治療後、1カ月程度経過しても効果を実感できない方や、効果をより高めたいと感じる方は他の治療と組み合わせてみるとよいでしょう。

リフトアップ治療にはハイフ以外にも、糸リフト法やボトックス注射などがあります。これらの治療を組み合わせることで高い効果を期待できますが、施術を過度に繰り返さないようにしてください。

ハイフの施術を受ける適切な間隔は部位によって変わる

ハイフの施術を受ける適切な間隔は部位によって異なります。ハイフは脂肪の量によって照射を変えるため、顔とボディでは間隔が異なるので注意してください。

以下、 顔とボディについて施術を受ける適切な間隔をそれぞれ解説します。

顔に施術を受ける場合

顔に施術を受ける場合は3〜6カ月に一度の頻度で施術を受けることをおすすめします。顔は脂肪が少ないため、次の施術まで間隔を空け、肌の状態を整えなければなりません。

また、ハイフは施術後すぐに効果を実感できるものではありません。超音波の照射によるダメージを受けた肌はコラーゲンの生成や増加を行うために活発に動きます。医療ハイフの効果は施術直後から実感できる方も多いですが、施術から3〜6カ月程度で施術効果のピークを迎えます。

ボディに施術を受ける場合

ボディへの施術は2週間に一度のペースが効果的です。ボディは顔よりも脂肪の層が厚いため、施術の間隔をあまり空ける必要がないと一般的にいわれています。

ただし、ボディは脂肪の層が顔よりも厚いため、効果を実感するまでに顔よりも時間がかかります。効果を感じるまでに1カ月以上かかることも珍しくないようです。ボディも継続して照射することで、効果を持続させることができます。

使用するハイフの機器によっても間隔が変わることがある

ハイフを受ける適切な間隔は施術で使用する機器によっても変わることがあります。ハイフのための機器の種類はさまざまです。クリニックによって使用している機器が異なるため、どの機器を使用しているのか事前に確認しておくことをおすすめします。

ハイフの4つの機器についてそれぞれの特徴を下記の表にまとめました。

ハイフの機器 照射範囲 効果の持続期間 痛み 特徴
ウルセラ 顔全体 半年から1年 痛みを感じやすい 効果を実感しやすい
ウルトラセルQ+リニア フェイスライン、顎下 半永久的だが、まずは3回の照射がおすすめ 痛みはあまりない 顔のフェイスラインに特化している
ダブロゴールド 顔全体、ボディ 半年から1年 痛みはあまりない 痛みをあまり感じない、ダウンタイムがほとんど必要ない
ウルトラセルQ+ 顔全体 半年から1年 痛みはあまりない 照射スピードが速い

以下、それぞれの機器の特徴などについて詳しく見ていきましょう。

ウルセラ

ウルセラは顔のリフトアップにおすすめの機器で、多くの方から人気を集めています。顔の皮膚の層は筋肉層、皮膚深層、皮膚浅層に分かれていますが、ウルセラは各層にアプローチできます。

ウルセラはSMASという筋肉層へのアプローチが得意です。そのため、たるみの改善に効果的で、リフトアップを実感しやすいといわれています。

また、ウルセラは筋肉層にアプローチするため効果の持続性にも優れています。一度の施術で効果は半年から1年程度続くため、効果を長期的に保ちたい方にもおすすめです。

ウルセラを使って繰り返し施術を行うことで、さらに効果を高めることができます。施術を繰り返すことで、たるみをより解消できます。

ウルトラセルQ+リニア

ウルトラセルQ+リニアは顎やフェイスラインにおすすめの機器です。二重顎や顔のたるみに悩んでいる方にとって最適な効果を得られるはずです。この機器を使用して施術を行うことで、引き締めによる小顔効果を期待できるため、施術後に若返ったと感じる方も多くいます。

ハイフ治療のデメリットとして、施術後に効果を実感できるまで時間がかかるケースが多々ある点が挙げられます。しかし、ウルトラセルQ+リニアは施術直後から効果を得ることが可能です。そのため、フェイスラインをすぐにでもシャープにしたいという方も満足のいく効果を得られるかもしれません。

また、ウルトラセルQ+リニアは従来の機器よりも照射時間が短いため、施術中も痛みを感じにくいです。チクチクした痛みや熱を感じる方もいますが、麻酔なしでも耐えられる程度の痛みであることがほとんどといわれています。

ダブロゴールド

ダブロゴールドは韓国製の機器です。この機器は顔のリフトアップにおすすめできます。ダブロゴールドで照射することで、肌のコラーゲンが増加します。

また、リフトアップの持続性にも優れており、効果が1年前後持続した方も珍しくありません。効果を継続したい方は3カ月に一度の間隔で照射することで、効果が途切れることを回避できるでしょう。

また、ダブロゴールドは痛みが少ない機器としても知られています。ダブロゴールドは超音波を広範囲に照射し、照射時にはエネルギーが分散するため強い痛みを感じることは基本的にありません。

ウルトラセルQ+

ウルトラセルQ+は短時間で施術を終えたい方におすすめです。照射時間が20分前後と短いため、忙しい方も比較的手軽に施術を受けられます。

ウルトラセルQ+が短時間で施術を完了できる理由は、各照射をハイスピードで行える点にあります。

短い時間で施術が完了するウルトラセルQ+ですが、効果は他の機器と同程度です。ほとんどの方が半年から1年程度持続しています。

ハイフの間隔はなぜ空けるべき?

ハイフは繰り返し施術を受けることで、効果を高め、持続することができます。しかし、ハイフ治療を間隔を空けず受けることは控えてください。一度の施術で効果を実感できなかった場合であっても、ある程度の間隔を空けて施術を受ける必要があります。

ハイフの間隔を空けるべき理由は下記の3つです。

・効果が得られるまでに時間がかかるケースもあるから
・施術によるダメージを回復させる時間が必要だから
・具体的な施術間隔は医師に相談して決める必要があるから

それぞれ詳しく解説します。

効果が得られるまでに時間がかかるケースもあるから

ハイフは効果が実感できるまでにある程度の時間を要します。効果を実感できるまでに1カ月前後かかる方も珍しくありません。

施術後、「施術前と変わっていない」や「効果が得られていない」と思った場合、しばらく様子を見てみてください。自分でも実感できるような変化があるはずです。

施術直後に効果を実感できないからといって、間隔を空けず施術を受けることは控えましょう。

施術によるダメージを回復させる時間が必要だから

ハイフは副作用が起こりにくい施術とされています。しかし、肌にダメージを全く与えていないというわけではありません。

人によってはむくみや赤み、腫れなどが施術後に出てしまうこともあります。これらの症状は1週間程度でよくなりますが、その期間は肌に負担を与えないように注意する必要があります。

具体的な施術間隔は医師に相談して決める必要があるから

ハイフの具体的な施術間隔は医師と相談して決めてください。肌の状態やたるみの状態によって施術の間隔が異なります。

また、施術に使用する機器によっても施術を受ける間隔が変わるため、施術間隔を自己判断によって決めることは控えましょう。

クリニックによっては、カウンセリングや治療後に施術の適切な間隔を伝えてくれます。医師からのアドバイスを考慮しながら、施術の間隔を検討してみてください。

まとめ

ハイフの効果は時間が経つと薄れるものです。施術を受けるべき間隔には個人差がありますが、3カ月から半年に一度の頻度で受けることが一般的に推奨されています。

ただし、ハイフの効果があまり感じられないからといって、間隔を空けずに行うのは控えるようにしてください。ハイフは施術後すぐに効果を実感できる治療法ではありませんし、過度に施術を受ければよいものでもありません。そのため、間隔を空けずに施術を受けても、期待しているような効果を得られないでしょう。

ハイフを検討している方には「表参道スキンクリニック」がおすすめです。当院では、痛みの少ないウルトラセル2とウルトラセルQプラスを使用した施術が受けられます。

ハイフ治療をご希望される方には美容カウンセラーが丁寧にカウンセリングを行います。施術前に不安や要望などを伝える時間が設けられているため安心です。また、施術は高い技術を誇る医師が担当しています。ハイフを受けてみたいとお考えの方はぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせ Inquiry

電話予約・お問合せはこちらから