目の下の脂肪除去で老け見え改善!お悩み別・下眼瞼脱脂と合わせて受けるべき施術は?

公開日:2023/06/14 更新日:2024/01/19

目の下の脂肪除去で老け見え改善!お悩み別・下眼瞼脱脂と合わせて受けるべき施術は?
LINEで送る

下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)は、クマやたるみ、ふくらみの原因となる眼窩脂肪を除去する人気施術。ですが、目の下のクマやたるみ、ふくらみは脂肪を除去すればかならずしも改善するものではありません。下眼瞼脱脂と組み合わせて受けることで、より理想的な目元に導いてくれるさまざまな施術をご紹介します。

LINEお友だち追加

下眼瞼脱脂の施術内容は?

下眼瞼脱脂は、その名のとおり下眼瞼(経結膜)部分の脂肪を除去する施術を指す言葉です。年齢よりも老けて見えてしまう大きな原因のひとつである黒クマ(影クマ)は、突出した眼窩脂肪による目の下のふくらみによって起こります。

目の下のふくらみは加齢による脂肪の移動によって起こることが多いものの、骨格によっては若い世代でも目の下のふくらみが目立ってしまうことがあります。

下まぶたの裏側を小さく切開し、切開した部分から目の下の脂肪を引き出して切除する下眼瞼脱脂を行うことで、黒クマ(影クマ)の原因となる眼窩脂肪そのものを除去するため、黒クマの改善にはとても有効な施術です。

お悩み別!下眼瞼脱脂にプラスしたい施術は?

下眼瞼脱脂をおこなうことで目の下のふくらみを改善することはできますが、顔のつくりによってはへこみ目による黒クマやシワが目立つようになったり、透ける血管が原因で起こる青クマが目立つようになったり……ということも起こりえます。下眼瞼脱脂で“引き算”をしたあとは、症状にあった施術をプラスすることでより美しい目元を再現するのが理想的です。

目の下の影クマ改善ならコンデンスリッチファット(自己脂肪注入)をプラス

眼窩脂肪の除去によってふくらみを減らしたものの、目元にへこみが残り黒クマが改善しない……というタイプの人にはコンデンスリッチファット(自己脂肪注入)のプラスがおすすめです。

腹部や太ももなどから採取した脂肪を細分化し、クリーム状に整えて注入を行うことで肌のへこみを改善し、目元に影を落とすクマを改善します。コンデンスリッチファットの注入によって皮ふにハリが出るので、軽度のたるみやしわも合わせて改善することができるのもメリットのひとつです。

青クマ改善ならSUNEKOS®(スネコス)がおすすめ

皮ふの薄さが原因で血管が透けて見えてしまうタイプの青クマが気になる場合は、スネコス注射によるクマ治療を組み合わせるのがおすすめです。

スネコス注射は、非架橋の低分子ヒアルロン酸とアミノ酸を配合した特許取得製剤。肌状態そのものを改善することで皮ふに厚みを持たせたり、ハリや弾力をよみがえらせる効果が期待できる施術です。青クマを改善しながら目元にハリを持たせることができるので、若返り治療としても効果が期待できます。

涙袋の形成ならヒアルロン酸注入をプラス

下眼瞼脱脂をおこない、余分なふくらみを除去することで涙袋がきれいに表れやすくなります。もともと涙袋のふくらみがない人や、涙袋をふっくらとさせたいという人は、ヒアルロン酸の注入を組み合わせることで、より可愛らしい印象の目元を再現することができます。

下眼瞼脱脂や組み合わせた施術のダウンタイムは?

下眼瞼脱脂の場合、切開した傷の痛みが2~3日程度、内出血や腫れが落ち着くまでには1週間~2週間程度かかります。下眼瞼脱脂では下まぶたの内側を切開するので、見える位置に傷跡は残らずに済みます。当日はシャワーが可能ですが、傷がふさがるまでは患部を濡らさないよう気をつけること、また内出血や腫れが落ち着くまでは下まぶたのメイクは極力避け、強くこすらないように気をつける必要があります。

今回紹介したコンデンスリッチファット、スネコス、ヒアルロン酸注入はいずれも下眼瞼脱脂のダウンタイムと同等かそれよりも短いダウンタイムで済む施術ですので、組み合わせることによってダウンタイムが長期化することはありません。

下眼瞼脱脂と適切な施術を組み合わせて若々しい目元へ

表参道スキンクリニックでは、下眼瞼脱脂による目の下のふくらみ改善はもちろん、その人に合った理想的な目元をつくるためのさまざまなメニューをご用意しています。目の下のクマやふくらみによって老けた印象に見られてしまうことにお困りの方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

Inquiry

お問い合わせ

電話予約・お問い合わせはこちらから

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて