ヒアルロン酸を打ち続ける失敗例│安心できるクリニックの選び方とは?

公開日:2022/08/31 更新日:2022/08/31

さまざまな種類がある美容外科で受けられるアンチエイジングケアの中でも、切る必要のない安全性が高い方法として挙げられるのが、ヒアルロン酸注入です。ダウンタイムがほとんどなく、体への負担も少ないといわれるヒアルロン酸注入ですが、過剰に打ち続けたり経験や実績の浅いクリニックを選択したりすると、場合によっては失敗することもあります。そこで今回は、ヒアルロン酸注入の基本情報と、失敗が起こる原因や失敗を防ぐために安心して施術を受けられるクリニックを選ぶポイントをご紹介します。

ヒアルロン酸注入とはどんな施術?

ヒアルロン酸注入とは、医療用のヒアルロン酸であるヒアルロン製剤をごく少量、注射で皮膚に注入する施術です。ヒアルロン酸とは元々体の中にある、肌のハリや弾力を保つ働きを持つ成分ですが、加齢によって減少していくといわれます。つまり、加齢によって減ったヒアルロン酸を皮膚に注入することにより、ヒアルロン酸の水分保持効果を得ることで、体にメスを入れることなく加齢によって起こり得る皮膚のさまざまな悩みの解消が期待できるのです。その他にも、ヒアルロン酸はボリュームアップ効果があるため、唇やバスト、ヒップに注入することがあります。

美容外科手術のようにメスを使うことはないので切開する必要もなく、ダウンタイムが非常に軽いのもヒアルロン酸注入の特徴です。施術後に赤みが出る場合もありますがメイクで隠せる程度で、1週間程度で治まることがほとんどです。そのため、ダウンタイムが必要な手術のように長期休暇などを使うことなく、思い立ったときに受けやすいメリットがあります。

美容外科での施術で気になるのは、痛みではないでしょうか。ヒアルロン酸注入は細い針を用いるので針を刺す痛みを感じることがありますが、クリニックでは冷却を行ったり麻酔クリームを塗布したりすることで、痛みはある程度抑えられます。

ヒアルロン酸で期待できる効果

ヒアルロン酸注入に期待できるのは、主に顔のシワやたるみ取りなどのアンチエイジング効果です。リフトアップやクマ、頬のこけを改善するために施術を行うこともあります。加齢によって減少したヒアルロン酸を注入することにより、ふっくらとした肌にすることで、自然な仕上がりで肌トラブルや年齢を重ねた肌悩みの解決につなげます。

アンチエイジング効果以外には、前述のようにヒアルロン酸のボリュームアップ効果を生かして、唇やバスト、ヒップのボリュームアップ、おでこを丸くする施術に用いられるほか、フェイスラインや鼻筋をシャープにするのも、ヒアルロン酸注入で期待できる効果です。なお、ヒアルロン酸注入の効果は、半年~1年ほど続きます。

ヒアルロン酸は打ち続けても平気?

注入後のヒアルロン酸はだんだんと体内に吸収されるため、使用するヒアルロン酸や体質などにもよりますが、ヒアルロン酸注入の効果は約1年で薄れてしまいます。一定期間経過後に効果が薄れるので、再度ヒアルロン酸注入を受けるケースも多く見られますが、ヒアルロン酸は体内にある成分なのでアレルギーの心配がほとんどなく、基本的に打ち続けてもリスクはないといわれます。

ただし、施術を受けるクリニックの技術やヒアルロン酸の品質、注入量によっては、打ち続けることで一定のリスクが発生する可能性がある点に注意しましょう。

ヒアルロン酸を打ち続けるとどんな失敗が起こる?

ヒアルロン酸注入は皮膚を切開する必要がなく、皮膚に注射するだけで受けられる比較的安全性が高い施術です。その一方で、繰り返し打ち続けることで以下に挙げる失敗が起こることも考えられるので、ヒアルロン酸注入を受ける前や継続して打ち続ける前に、失敗例も知っておきましょう。

施術した部分に副作用が現れることがある

ヒアルロン酸注入は医師が行う施術ですが、クリニックによっては経験が浅く注入技術が高くはない医師による施術が行われる場合も。その場合、内出血や腫れ、むくみや違和感などの副作用が現れることがあります。多くの場合、これらの副作用は数日~1週間程度で治まります。

また、粗悪なヒアルロン酸製剤を使った場合も、副作用が強く出ることがあるといわれます。逆に言えば、経験豊富な医師が良質なヒアルロン製剤を使って施術するクリニックなら、副作用が少なく済むでしょう。

皮膚が壊死することもある

ヒアルロン酸注入で稀に起こるのが皮膚の壊死です。ヒアルロン酸が血管に詰まること、ヒアルロン酸注入による腫れで血管が圧迫されることによる血行障害で壊死が起こります。このような失敗は、ヒアルロン酸が誤って血管内に注入されることで起こることが多いといわれます。

日本国内のクリニックで皮膚の壊死が起こることは非常に少ないとはいわれますが、繰り返しヒアルロン酸注入を受けている人や適量以上のヒアルロン酸を注入した場合に多く見られる失敗例です。経験が浅い医師による施術で皮膚の壊死が起こるリスクが高くなるので、失敗を避けるにはクリニックや医師選びも重要です。

チンダル現象が起こる

チンダル現象とは、ヒアルロン酸を注入した箇所が青白い肌に見える現象です。これは、皮膚の浅い部分にヒアルロン酸を注入した場合や薬剤の種類によって起こりやすくなります。特に目の周囲で起こることが多く、医師の技術が浅い場合でも起こることがあります。通常、ヒアルロン酸は体内に吸収されますが、チンダル現象が起こった箇所は吸収されず、長期間青白い状態が残ってしまう場合がある点に注意が必要です。

毛細血管を傷つける

ヒアルロン酸注入を受けた後に起こることがあるのが、施術箇所の内出血です。内出血は皮膚の下の毛細血管を傷つけたことにより起こる現象で、特に皮膚の薄い箇所にヒアルロン酸を注入するときに発生しやすく、通常は数日程度で治ります。皮膚に針を刺す施術なので、少なからず毛細血管を傷つけることがありますが、できるだけ内出血を起こさないよう、極細の注射針で施術を行うクリニックも少なくありません。

なお、ヒアルロン酸は皮膚に注入しますが、誤って血管内に注入してしまうと、血栓ができて血管を圧迫して血管閉塞を起こし、血流障害になることがあります。血液が必要な場所に届かなくなることで、最悪の場合壊死を起こしてしまう、危険な失敗です。「目の周囲や鼻へのヒアルロン酸注入で失明する」という話はこの血管閉塞からきています。このような失敗を防ぐには、経験豊富で技術力の高い医師による施術が求められます。

しこりになる可能性がある

ヒアルロン酸は体内に吸収されるものですが、ヒアルロン酸を注入した箇所が硬いしこりのように残る可能性もゼロではありません。1回のみのヒアルロン酸注入ではしこりが残ることはまずありませんが、繰り返し同じ箇所にヒアルロン酸注入を受けている、注入量が多い、狭い部分に集中的に注入したなどのケースでは、本来は体内に吸収されるはずのヒアルロン酸が 吸収されずに残り、しこりになってしまうことがあるのです。また、硬い製剤を使うことでしこりになる可能性もあります。

しこりを残さないように施術してもらうには適切な製剤を選択し、注入する深さや皮膚の厚さなどを考慮してもらえる医師やクリニックを選ぶ必要があります。

仕上がりが不自然になる

ヒアルロン酸注入はメスを入れない施術なのでダウンタイムがほとんどなく、自然な仕上がりがメリットです。しかし、繰り返しヒアルロン酸を打ち続けていると、逆に仕上がりが不自然になってしまいます。通常のヒアルロン酸注入であれば自然な仕上がりになるはずが、注入箇所が過剰に膨らんでしまったり、強調されたりすることで、不自然になってしまうのです。

不自然な仕上がりを防ぐには打ちすぎないよう、適量のヒアルロン酸注入が必須です。

ヒアルロン酸注入をやめられなくなる

初めてヒアルロン酸を注入すると、その効果を十分に感じられるものです。ところが、何度も打ち続けていると、だんだんと効果を感じにくくなってしまいます。最初ほどの変化が見られないこともあり、もっと大きな変化を求めてしまうことも、ヒアルロン酸注入をやめられなくなってしまう原因の1つです。

再度注入する際にもっと打ちたい、ヒアルロン酸の量を増やしたいと希望する、依存状態に陥ってしまいがちな点も、ヒアルロン酸注入を受けている人に見られることがあります。ヒアルロン酸は打てば打つほど美しくなるものではなく、適量を注入することで良い結果が得られるものです。適量を適度な頻度で打つことを心がけましょう。

ヒアルロン酸注入で失敗しないためのクリニックの選び方

ヒアルロン酸注入は切る必要がないため安全性が高いといえる施術ですが、前述のように失敗する可能性もあり得ます。失敗せずにヒアルロン酸注入を受けるには、クリニック選びが重要です。以下で紹介する3つのポイントを参考に、適切 なクリニックを選びましょう。

複数クリニックでカウンセリングを受ける

ヒアルロン酸注入を決めたら、まずはクリニックでカウンセリングを受けることとなります。その際、1カ所のクリニックでカウンセリングを受けただけで即決するのではなく、複数のクリニックを候補に挙げ、それぞれでカウンセリングを受けてみましょう。

複数のクリニックでのカウンセリングを受けると、自分自身がどのようなイメージを持っているかを把握しやすく、各クリニックの医師の方針を知ることができるのがメリットです。また、丁寧にカウンセリングをしてくれる医師はヒアルロン酸注入の技術も高いといわれるので、カウンセリング内容でクリニックの比較検討もしやすくなります。

ヒアルロン酸注入の実績が多いクリニックを選ぶ

実績が多いクリニックは、その分経験を積んでいることから技術も高く、研究を行っているところも多いため知識も豊富といえます。また、実績が多い医師もさまざまな症例を経験しているので、どのような症例でも対応できる能力を持っているといえるので、安心してヒアルロン酸注入を受けるなら症例が多く実績を積んでいるクリニックを選ぶのがおすすめです。

希望と医師の見解をよく擦り合わせてくれるクリニックを選ぶ

ヒアルロン酸注入は、場合によっては希望に合わない仕上がりになることもあります。そのような事態を防ぐためには、自分の希望と医師の見解の擦り合わせをしっかり行ってくれるクリニックを選びが重要です。希望を汲み取りながら、顔や全体のバランスを考慮して適切 なヒアルロン酸の量を提案してくれるなど、希望を聞き取りつつベストな提案を行い施術を行ってもらえるクリニックがおすすめです。

メリットだけではなくデメリットも伝えてくれるクリニックを選ぶ

安心してヒアルロン酸注入を受けられるクリニックを選ぶときは、メリットばかりを伝えてくれるクリニックよりも、デメリットも伝えてくれるクリニックを選ぶのもポイントです。ヒアルロン酸注入は安全性が高いとはいわれますが、まったくデメリットがないわけではありません。メリットとともに副作用などのデメリットも伝えて、施術を受ける方が納得した上で施術を進めてくれるクリニックを選びましょう。

一度に大量注入しないクリニックを選ぶ

ヒアルロン酸は大量に注入すればするほど良いものでもなく、適量を注入するのが基本です。注入量を誤ってしまうと、先に解説したような失敗を起こす可能性が高まります。また、経験が浅い医師や実績が少ないクリニックを選ぶと、注入量を誤ることもあり得るため、ヒアルロン酸を一度に大量注入しないよう、経験豊富な医師が在籍する実績のあるクリニックを選ぶことをおすすめします。

日本形成外科学会や日本美容外科学会に所属しているかを確認する

日本形成外科学会や日本美容外科学会に所属している医師は、学会などで治療方法や研究結果、医療技術などを学ぶ機会を得られるため、常に情報をアップデートできます。技術が高い医師はこれらの学会に所属していることも多いので、クリニックを選ぶ際はこの2つの学会に所属しているかどうかもチェックポイントです。

アフターフォローの体制が整っているクリニックを選ぶ

ヒアルロン酸は、注入後に肌にトラブルが発生する可能性があります。また、施術後の敏感な状態の肌をケアするためにも、アフターフォロー体制が整っているクリニックを選びましょう。施術後に腫れやかゆみ、痛みが増している、皮膚が変色しているなどの症状が出た場合でも、医師の診察を受けられるので安心です。

表参道スキンクリニックでは、高品質のヒアルロン酸を使用したヒアルロン酸注入治療を行っています。専門スタッフが一人ひとりの肌の状態に合わせた適量のヒアルロン酸を適切 な位置に注入し、自然に仕上げます。全室個室でプライバシーを守れるほか、医療機関ならではの万全なアフターケアで、安心して施術を受けられるでしょう。

まとめ

ヒアルロン酸注入は多くの美容外科で行われている施術だけに、クリニックによって技術の差が生まれ、場合によっては失敗することも考えられます。失敗なく美しい仕上がりを目指すのであれば、ヒアルロン酸注入を受ける際は自分に合ったクリニックを選びましょう。

お問い合わせ Inquiry

電話予約・お問合せはこちらから

オモスキでリセットキャンペーン