ダーマペンはどんな痛み?痛みやすい部位は?痛くならない方法も解説

公開日:2022/08/01 更新日:2022/08/03

ダーマペンはどんな痛み?痛みやすい部位は?痛くならない方法も解説

ニキビ跡や毛穴の開き、小じわなどは自分で改善しにくい肌トラブルです。これらの肌トラブルを改善しようと、さまざまな方法を試している方も多いのではないでしょうか。

こうした悩みを抱える方におすすめの治療法がダーマペンです。ダーマペンはニキビ跡や毛穴の開き、小じわといった肌トラブルに効果的な美容法として知られています。しかし、高い効果を期待できる一方、痛みが生じやすい治療法としても有名です。

本記事では、ダーマペンの施術方法を解説した上で、ダーマペンの痛みの種類や傷みを感じやすい部位などについて解説します。

ダーマペンでの施術方法とは?

ダーマペンでの施術方法について解説する前に、施術で用いるダーマペンがどのような機器なのかを説明します。ダーマペンはペンのような細くて長い機器で、先端には極細の針が付いています。この針は髪の毛よりも細いといわれています。針はとても速く振動し、肌の上を滑るように動くのが特徴です。

ダーマペンはこの細い針で、皮膚の表面に小さな穴を空ける施術です。この施術では、皮膚の傷を修復するために活性化する肌内部の線維芽細胞の力を利用します。線維芽細胞は真皮部分にあるため、この部分が活発に動くことで新陳代謝がスムーズになります。線維芽細胞が活発に働くことで、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの活性化が促されるため、肌質が改善できるメカニズムを整えることが可能です。あわせて、ダーマペンのダウンタイムについても解説します。

ダーマペンの施術で期待できる効果

ダーマペンの施術では下記の効果を期待できます。

・ニキビ跡や肌のクレーターの改善
・肌のハリやツヤ
・肌のトーンアップ
・毛穴の解消
・肌の弾力アップ

上記の効果には個人差があることに留意してください。しかし、適切な方法でダーマペン治療を受けることで、肌の状態を整え、悩みを解消できるはずです。

ダーマペンが向いている人

ダーマペンは下記の症状で悩んでいる方におすすめできる治療法です。

・毛穴の開きが気になる方
・ニキビ跡やクレーターに悩んでいる方
・小じわに悩んでいる方
・肌にハリを出したい方
・肌質を改善したい方

ダーマペン治療では毛穴の汚れをオフできるため、毛穴の開きを改善できます。また、ダーマペンは肌の自己再生力を向上できるため、ニキビ跡やクレーターの改善も期待できます。その他にも、エイジングケアに効果的ですので、加齢による悩みを抱える方にもおすすめです。

ダーマペンはどんな痛み?

ダーマペンの痛みの特徴は下記の2種類です。

・チクチクとした痛みを感じることが多い
・針の長さや速さで痛みの感じ方が変わる

それぞれ詳しく解説します。

チクチクとした痛みを感じることが多い

ダーマペンは針で肌を刺す治療法のため、チクチクとした痛みを感じる方が多いようです。針で皮膚を刺す痛み、あるいは皮膚に細かな傷が付いたときのような痛みを感じる方が多い傾向にあります。

細い針でチクチクと刺したときに感じる痛みと聞いて、意外と大丈夫そうだと感じる方もいれば、不安を感じる方もいるでしょう。痛みに不安を感じる方は麻酔を検討してみてください。

針の長さや速さで痛みの感じ方が変わる

ダーマペンは針の長さや速さによって痛みの感じ方が変わります。ダーマペンの針は真皮層に届く長さになっており、骨に近い部分には短い針が、骨のない部分には長い針が用いられています。

ダーマペン治療では針が真皮に達しないと効果が生じないため、骨のない部分には長めの針が用いられることがほとんどです。皮膚にも神経が通っているため、針が長いと痛みをより感じやすくなります。

痛みに耐えられない場合は短めの針で施術してもらうこともできますが、長い針を用いた場合よりも効果が薄くなってしまうかもしれません。

施術後はヒリヒリとした痛みを感じることもある

ダーマペンは皮膚に穴を空ける治療法です。そのため、施術後に赤みが出て、ヒリヒリとした痛みを感じることがあります。この痛みはチクチクとした刺すような痛みではないため、耐えられないものではありません。

ヒリヒリとした痛みが続く期間は人によって異なります。1~2日で痛みがなくなる方もいますが、一般的には3~4日程度続くようです。

痛みの感じ方には個人差がある

ダーマペン治療後に感じる痛みの種類や感じ方には個人差があります。治療では麻酔クリームを使用しますが、麻酔が効いていてもチクチクとした痛みを感じる方も珍しくありません。痛みに敏感な方には局部麻酔を使うクリニックが多いです。

また、ダーマペン治療の後、麻酔の効果が薄れ、ヒリヒリとした痛みやかゆみが出てくる方もいます。

ダーマペンの痛みを感じやすい部位

ダーマペンの痛みを感じやすい部位は下記の4つです。

・額・髪の生え際
・鼻の頭・鼻筋
・頬骨
・フェイスライン

それぞれ詳しく解説します。

額・髪の生え際

額や髪の生え際は頭蓋骨に近く、なおかつ脂肪も少ないため、痛みを感じやすい部位です。

また、額や髪の生え際は麻酔クリームの塗布が難しいため、麻酔をうまく塗れないことも少なくないようです。

施術中はチクチクとした痛みや刺激が頭蓋骨に強く響きますが、麻酔を塗ることでほとんどの方にとって耐えられる程度の痛みになるといわれています。

鼻の頭・鼻筋

鼻の頭や鼻筋は皮膚から近い部分に骨があります。施術時は機器を骨の近くで扱うことになるため痛みを感じる方が多いです。ただし、個人差はあるものの、額や髪の生え際よりも痛みが少ないともいわれています。

また、鼻の周辺と一括りでいっても、部位によって痛みの種類は異なります。例えば、鼻の頭はゴリゴリと響くように感じる一方、鼻筋はチクチクとした痛みを感じることが多いようです。

頬骨

頬の痛みは骨格や脂肪量によって大きく左右されるため、頬骨近辺で感じる痛みには個人差があります。頬骨が出ている方やえらのある方は施術中に刺激を感じやすいため、特に強い痛みを感じることが多いようです。

ただし、頬は額や鼻の周辺よりも脂肪があるため、麻酔を塗ることで痛みをほとんど感じない方も珍しくありません。

フェイスライン

フェイスラインは他の部位よりも皮膚が柔らかいため、強い痛みを感じる方が多いです。また、フェイスラインの施術中に感じる痛みの度合いは骨格によっても差が出ます。特に、エラのある方は強い痛みを感じやすい傾向にあります。

人によって痛みの感じ方は異なりますが、多くの方が針で刺したときに感じるようなチクチクとした痛みを感じるようです。

痛みが心配なら麻酔クリームを使用することもできる

ほとんどのクリニックでは痛みに敏感な方のために麻酔クリームを用意しています。クリニックによっては麻酔クリームにオプション料金が発生しますので、治療の際に確認してみてください。

ダーマペンで使われる麻酔クリームは乳液を塗るような感覚で塗れるクリーム状です。麻酔はクリーム状のため、この段階で痛みを感じることは基本的にありません。

麻酔クリームを塗ったら、麻酔の効果が出るまで20分程度待機し、施術に入ります。

ダーマペン後に生じる可能性のある症状

前述のとおり、ダーマペン治療ではチクチクとした痛みやヒリヒリとした痛みを感じます。こうした痛みなどは治療中だけではなく、治療後にも数日間続くケースは珍しくありません。

また、ダーマペン治療の後には下記の症状が生じることがあります。

・赤み、腫れ、発疹
ダーマペン治療後、最もよくある症状が赤みです。この赤みは施術において肌に与えたダメージを治すため、顔の毛細血管を流れる血液の量が一時的に増加することにより生じます。多くの場合、12時間程度で赤みは引くようです。

また、ダーマペンは針で肌に刺激を与える施術のため内出血が起こることもあります。内出血によって、腫れが生じることも多いです。腫れが目立つ場合は熱いお風呂や血行を促進するような行動を控えてください。

その他にも、人によっては発疹が出ることもあります。発疹は施術で使用した薬剤や器具によるアレルギー反応によるものであることが多いです。

・かゆみ
傷が治るまでの過程でかゆみを感じることがあるようです。多くの場合、かゆみは針が皮膚に刺さったときに生じる熱によって生じます。

強いかゆみを感じるからといって掻いた場合、症状が悪化するため気を付けてください。。かゆみが我慢できない場合は、患部を冷やしたり、医療用ワセリンで保湿したりしてみてください。

・皮むけ
ダーマペン治療後、傷が治るまでの過程で、皮むけが部分的に起こることもあります。皮むけの要因はマイナス的なものだけではありません。ダーマペン後、肌のターンオーバーが活発になっているために起こることも多いです。垢や古い角質がターンオーバーによって落ちるため、ターンオーバー後に肌が美しくなると期待できます。

皮むけが生じた場合、紫外線対策をしっかりとし、外部から刺激を受けないようにしましょう。また、皮むけの状態にもよりますが保湿も大切です。

・内出血
内出血とは皮膚の内側から出血することです。ダーマペン治療では針の深さが深いほど、内出血が生じやすくなります。内出血した部分の皮膚は青っぽく見えます。

内出血は一時的なものですので、様子を見るようにしてください。症状がひどいようであれば、色素沈着を起こしていることもあるため受診が必要です。

ダーマペンのダウンタイム

前述のとおり、ダーマペン治療の後、炎症などが生じることもあります。
ここでは、ダウンタイム中の様子、生活やスキンケアの注意点などについて解説します。

治療当日

治療直後、人によっては顔が真っ赤になることがあります。また、ヒリヒリとした痛みが数時間程度続くことが多いようです。

ダーマペン治療を行った当日中は洗顔やメイクを控え、紫外線に当たらないように気をつけましょう。帽子やサングラス、日傘を用意しておくと安心です。

また、血行が促進されと赤みが増して症状が悪化するリスクがありますので、ダーマペン治療を行った日は入浴を避け、軽くシャワーを浴びる程度に留めておきましょう。飲酒や激しい運動も厳禁です。

翌日から5日後程度

痛みや赤みは5日程度で引いていきます。

赤みはメイクで隠すこともできますが、過度なメイクは避けた方が良いでしょう。メイクをするとその分、クレンジングの刺激も増えることになるため、症状を悪化させないように刺激も少くするのがベターです。

血行が促進される可能性がある入浴や運動は、この期間も控えたほうが良いでしょう。

ダウンタイム期間中のスキンケア方法

ダーマペン治療の後、当時中はメイクのみならず、洗顔や保湿も控えてください。翌日にはメイクができるようになります。

洗顔が可能になったら、肌の状態を悪化させないために肌にやさしい洗顔をしましょう。以下、ダーマペン後の洗顔ポイントを説明します。

・洗顔フォームは敏感肌用、もしくは刺激がない商品を選択する
・洗顔用の泡立てスポンジで細やかな泡を作り、肌を泡で包むようにして洗う
・肌をこすらないようにして、ぬるま湯で泡を洗い流す
・水気はタオルは軽く抑えるようにあてて吸収させる

洗顔では刺激が強い製品を使ったり、肌を擦ったりしないように注意してください。洗顔時、肌に刺激を与えると、赤みや痛みが生じる可能性もあります。

肌が完治に向かう段階では、いつも以上に乾燥しやすくなります。スキンケアの際も刺激が強いものは避け、保湿を心掛けるようにしましょう。

ダーマペン治療は自分でもできる?

最近では、通販サイトでもダーマペンと呼ばれる機器を個人が購入できるようです。セルフでダーマペン治療を行っている方をSNSで見かけるなど、ダーマペンに手軽なイメージを抱いている方もいるでしょう。
しかしダーマペンの正規品は医療機関のみが取り扱うことができる機器です。個人が手に入れられる製品はダーマペンの類似品である可能性が十分にあるでしょう。

また、自分でダーマペン治療を行う場合、リスクが多くあることも忘れてはいけません。

セルフでダーマペンを使用する場合、痛みの加減が分からなかったり、肌を必要以上に傷つけてしまったりすることもあります。また、個人が衛生的な環境で行うには限界があるでしょう。

針の長さや圧力のかけ方、回数などについて知識のない個人がダーマペンを扱うと、使い方を間違ってしまう可能性が高いです。肌トラブル改善や肌質の改善を目的に行ったものの、肌の状態を悪化させてしまうことにもなりかねません。例えば、傷や肌荒れ、内出血、色素沈着などの肌トラブルが懸念されます。

また、肌トラブルが生じた場合、専門家にすぐに相談できないため、症状が悪化することもあるでしょう。

ダーマペン治療を自分で行えば、クリニックで治療を受けるよりも経済的に思われるかもしれません。しかし、肌トラブルが悪化し、治療によりお金がかかったり、通院回数が増えたりする可能性もあります。
ダーマペンはクリニックで医師から施術を受けるべきです。

まとめ

ニキビ跡やクレーター、毛穴の開きに悩まれている方は少なくありません。こうした肌トラブルを自力で改善するのは難しく、自分でできるさまざまな方法を試したけれど、上手くいかなかったという方も多いでしょう。また、年齢を重ねると、肌に関する悩みも増えてきます。

こうした悩みを抱える方にはダーマペンがおすすめです。ダーマペンはヒリヒリ、もしくはチクチクとした痛みを感じるものの、麻酔を使えば我慢できる程度の痛みであることがほとんどといわれています。

ダーマペン治療を行うことで、ニキビ跡やクレーター、毛穴の開き、小じわといった肌トラブルの改善を期待できます。

ダーマペンを検討している方には、表参道スキンクリニックがおすすめです。
ダーマペン4という最新機器を用いるため、短時間で高度な施術が可能。また、痛みが気になる方の多いダーマペンですが、ダーマペン4を用いた施術では通常よりも痛みを軽減できます。
当院でダーマペン治療にかかる時間は麻酔で30分程度、施術時間で45分程度です。

パウダールームが完備されているため、施術前後の準備も安心して行うことができます。
患者の悩みを解消するために丁寧なカウンセリングを行い、経験豊富な医師が患者にとってベストな医療を提供しますので、お悩みの方はぜひご相談ください。

お問い合わせ Inquiry

電話予約・お問合せはこちらから