「一人ひとりにあった本当の美肌治療を」 “切らないドクター”河村拓海先生特別インタビュー(後編)

公開日:2024/07/09 更新日:2024/07/09

「一人ひとりにあった本当の美肌治療を」 “切らないドクター”河村拓海先生特別インタビュー(後編)
LINEで送る

極力メスを使わずに最小限の治療で理想の顔立ちを再現する、“切らないドクター”こと、表参道スキンクリニック大阪院 河村拓海先生(以下、拓海先生)。

後編では、拓海先生が新たにスタート予定の、美肌のための“カスタマイズ治療”についてうかがいました。

LINEお友だち追加

その治療、本当に必要ですか?
本物の美肌を作るための“カスタマイズ治療”とは

――拓海先生が新たに始める“カスタマイズ治療”って具体的にどんな治療ですか?

拓海先生:  ドクターが肌の状態を診断し、その人の肌の状態に合った最適な治療をを行うオーダーメイドの肌治療です。肌の表面だけではなく、角層から真皮まで皮ふのすべてを美しく健康な状態に導くのを目的に、レーザー治療や内服などあらゆる肌治療を組み合わせてアプローチを行っていきます。

 

――拓海先生がカスタマイズ治療に関心を抱いたきっかけは?

拓海先生:  肌治療を目的に来院されるお客様のなかには、「流行っているからポテンツァを打ってみたい!」という方が少なからずいらっしゃいます。

もちろん、美容医療に関心をもってもらえるのって嬉しいことですし、肌の状態に不適切でない限りは受けていただいてもかまわないのですが、その治療が本当にそのお客様の肌にとってのベストな選択かどうかはまた別の話ですよね。それって、すごくもどかしいんです。そこでたどりついたのがカスタマイズ治療でした。

 

――カスタマイズ治療のメリットを教えてください。

拓海先生:  カスタマイズ治療では、肌を画像診断し、その方に本当に必要な治療を医師がコントロールできるので、お客様一人ひとりに寄り添った提案ができるのは魅力ですよね。お客様には、通うたびにきれいになる肌を実感いただけるんじゃないかなと。

じっくりと時間をかけてすべての肌悩みを解消し、お客様の持つ肌を本物の美肌に導いていくので、僕にとってもやりがいのある治療になります。

 

カスタマイズ治療では 信頼できるドクター選びが大切

――カスタマイズ治療を実施するクリニックが増えているようですが、ドクター選びのポイントはありますか?

拓海先生:  カスタマイズ治療を行うドクターは、お客様の肌の状態を見極めて本当に必要な治療を選択していくことが求められます。

まずはドクターの知識力が高いことが大前提です。それから、カスタマイズ治療は長期にわたって行うものですから、信頼できるドクターかどうかも重要なポイントだと思っています。

 

――拓海先生が信頼関係づくりのためにしていることってありますか?

拓海先生:  僕の場合は、とにかく日々勉強です。美容皮膚科領域について学びを深めるのは当たり前ですし、時には女性向けの美容誌にも目を通して、どんな美容法が流行っているのか、注目されているスキンケア成分にはどんなものがラインアップされているのか、日々アンテナを張るようにしています。親しみやすい、悩みを打ち明けやすいドクターでありたいですね。

 

――最後に、カスタマイズ治療にゴールってあるんでしょうか。

拓海先生:  肌を美しい状態でキープするための治療は継続していただくので明確なゴールとはいえませんが、肌悩みに関する治療を完了するというのがひとつのゴールなのではないかと僕は考えています。

最初の1~2年を肌の治療期間として、その後は維持期として間隔をあけながら受診していただくかたちです。カスタマイズ治療でご来院いただくお客様とは長いお付き合いになるので、コミュニケーションを取りながら二人三脚で美肌づくりに取り組んでいきたいですね。

 

――ありがとうございます!

 

拓海先生のカスタマイズ治療は2024年秋ごろに表参道スキンクリニック大阪院のメニューとして登場予定。カスタマイズ治療をいち早くスタートできるモニターの募集情報は拓海先生オフィシャルInstagramで先行告知予定ですので、ぜひフォローしておいてくださいね!

Inquiry

お問い合わせ

電話予約・お問い合わせはこちらから

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて