フォトフェイシャルM22 | 美容外科・美容皮膚科なら表参道スキンクリニック[公式]

フォトフェイシャルM22

美容皮膚科 光・レーザー治療

フォトフェイシャルM22

フォトフェイシャルM22とは

About

光治療はシミ、そばかす、ニキビ跡、毛穴の開きなど肌の悩み全般に有効です。マイルドな光の波長を照射し、ダメージやダウンタイムも少ないため、クリニック初心者の方でも気軽に始められる治療です。熱エネルギーが、肌の表層と深層の両方に働きかけます。表層ににあるシミ・そばかすの原因であるメラニン色素や、赤みの原因となるヘモグロビンなど、複数の色素にダメージを与えます。また、深層を温めることによりコラーゲンを作り出す線維芽細胞の働きを活性化させるため、キメが整いハリ・ツヤが生まれます。その他の効果として、メラニンをターゲットにしたムダ毛の処理、ポルフィリンに反応させるニキビの治療としても使用されます。

こんなお悩みの方にオススメ

  • シミ・そばかすが気になる
  • くすみ、ざらつき、ニキビが気になる
  • ニキビ跡が気になる
  • 毛穴の開きが気になる
  • 顔全体にハリと透明感がほしい

フォトフェイシャルM22で期待できる効果

Effect

シミ・そばかすのほかに、たるみ・小じわ、赤ら顔、ニキビ、ニキビ跡、毛穴の開き、ムダ毛などの症状の改善が期待できます。

フォトフェイシャルM22の施術方法

Method

数種類のフィルターから患者様に適切なフィルターや出力を設定し、お顔全体にジェルをのせたあと、照射を行っていきます。照射時は、温かさと輪ゴムではじかれたようなパチンとした痛みを感じることがあります。

フォトフェイシャルM22の料金

Price

名古屋院大阪院

フォトフェイシャルM22

1回

28,000

6回

140,000

12回

266,000

お支払い方法について

現金によるお支払いのほか、各種クレジットカード(一括のみ)、電子マネー(交通系IC・QUIC Pay・ID・楽天Edy・WAON・nanaco)、医療用信販によるお支払いも承っております。
詳しくはお電話またはカウンセリング予約時に、お気軽にお問い合わせください。

お支払い方法について

フォトフェイシャルM22のダウンタイム・術後の過ごし方

Downtime

施術時間 30分程度
腫れ 若干赤みが残ることがありますが、数日で改善してきます。
ダウンタイム ほとんどありません
※個人差があります
通院回数 月1回で5~6回をお勧めします
持続性 約1ヶ月間程度
使用する機材 フォトフェイシャルM22(大阪院)
メイク 照射直後から洗顔やメイクが可能です。
シャワー 当日から軽い入浴・シャワーは可能です。
翌日から通常通りで問題ありません。
飲酒 翌日から可能
運動 翌日から可能
リスク・副作用 痛み、発赤、熱傷、色素沈着、色素脱失、稀に肝斑増悪など
術後の注意点 施術後の日焼けは色素沈着になりやすいので、紫外線に十分注意し、日焼け止めをご使用ください。
また、照射後は乾燥しやすくなるため、保湿をしっかり行ってください。
シミなどに照射した場合、一次的にシミが濃くなることがありますが、徐々に薄くなります。
施術後のお化粧は可能です。また、当日の洗顔も構いませんが、強くこすることはお控えください。
かさぶたが出来た場合、落屑(らくせつ)するまで剝がさないようにしてください。
当日の入浴・サウナ・飲酒・激しい運動は控えてください。

フォトフェイシャルM22の施術のながれ

Step

STEP 01

カウンセリング

STEP 02

洗顔

STEP 03

施術

STEP 04

パウダールーム(メイク)

施術可能なクリニック

Clinic

一部オプション等、対応できない院もございます。

名古屋院

名古屋院

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3丁目17−15
栄ナナイロ8F

診療時間
水、木、金、土 11:00~19:00
日、祝 10:30〜18:00
休診日
月曜日、火曜日

大阪院

大阪院

〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目3−26
ぐらんぱれビル5F

診療時間
火、水、金、土 11:00~19:30
日、祝 10:30〜18:00
休診日
月曜日、木曜日

フォトフェイシャルM22と
組み合わせたい施術メニュー

イオン導入

皮膚に微弱な電流を流す際に発生するイオンは、肌のバリア機能を一時的に弱めることができるため、一般的に塗布するだけでは浸透しないような美肌成分を皮膚の深部に浸透させることが可能となり…

イオン導入の詳細

フォトフェイシャルM22でよくあるご質問

Q&A

どのくらいの間隔で治療を受けますか?
基本的には1ヶ月に1回の治療をおすすめしております。5~6回治療を繰り返すことで大幅な肌質改善に繋がります。
肝斑があるのですが照射はできますか?
光治療によって肝斑が悪化する可能性があるため、肝斑への照射はお断りしております。肝斑を避けた部分への照射は可能です。また、肝斑のある患者様には別の効果的な治療法もご提案させていただきます。

本ページの監修医師

亀水 優子医師

経歴

所属学会

日本形成外科学会 日本頭蓋顎顔面外科学会

称号・資格

日本形成外科学会専門医

プロフィールを見る

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて