イマドキ男子の身だしなみ、メンズ脱毛のメリットとデメリット

公開日:2023/07/07 更新日:2024/01/19

イマドキ男子の身だしなみ、メンズ脱毛のメリットとデメリット

メンズ美容の需要の高まりから、医療レーザー脱毛を受ける男性が増えています。男性専用のサロンやクリニックもでき、よりハードルが下がったイメージです。ですが、情報がまだ少ないのも事実。

今回は、男性の脱毛に関して女性の脱毛との違いや、知っておきたい心構えなどをお伝えします。

男性が脱毛するきっかけは?

男性が脱毛をしようと思うきっかけは、進学や就職など人生の転機を迎えたときに加え、周囲の人から勧められたという声も多く聞かれます。
スキンケア、コスメの次のステップとして脱毛を考える人も多いようです。

周囲の人に肌をキレイに見せたい、清潔感を持ってもらいたいと思う気持ちは男性も変わりません。

メンズ脱毛こそクリニックがおすすめな理由

男性の脱毛は、女性の場合と異なる点が多くあります。男性の場合、毛量が多いこと、毛質が太いこと、毛根が長いこと、さらに皮毛角と呼ばれる毛の生え方に特徴があります。

皮毛角とは、毛が生えている角度のこと。皮膚と毛の角度が90°に近いと、より深度が深く強い出力のレーザーでないと毛母細胞を破壊できません。

女性特有の斜めに生えている毛は深度が浅いため、パワーが小さくても脱毛が可能です。男性の場合は、太さ、長さ、量、深度によってレーザーの出力を変える必要があります。

サロンでの光脱毛ではパワーが足りず、痛みだけ感じて良い結果につながらなかった…。また、サロンの光脱毛では、通う期間が長く途中で諦めてしまう人も。そんな苦い経験から、クリニックに足を運ぶ人も多いようです。クリニックの医療レーザー脱毛なら、短期間で結果を出せるためおすすめです。

まずは施術数No.1のヒゲ脱毛からはじめてみては?メリットと注意点

男性がまず行う施術No.1はヒゲ脱毛です。
ヒゲ脱毛を行った人からは、

・朝のヒゲ剃りの時間が短縮できた
・カミソリ負けを気にしなくてよくなった
・周囲の人から清潔感があると言われるようになった
・夕方、ヒゲが気にならないので気持ちがラクになった

とポジティブな意見があり、概ね好評です。ただし、ここで一つ注意したいのは、医療レーザー脱毛で、ヒゲ全体を薄くするのは不可能ということ。脱毛すると全体的に薄くなるわけではないのです。

1本1本の毛にレーザーを当て毛母細胞が破壊され抜け落ちる、または残るの2択しかありません。ヒゲ脱毛をするにあたり、「一番濃い部分から始めたい」という希望が多いのですが、まずは完全にヒゲがなくなっても良い部分からスタートします。仕上がりのイメージを医師と相談して、理解した上で始めましょう。

胸や背中、へそ周りなども医療レーザー脱毛で清潔感

ジムやプールなどで肌を出す機会の多い男性なら、胸毛、背中の毛、へそ周りなどにも気を配りたいもの。医療レーザー脱毛なら、パーツごとにおおよそ5〜7回で脱毛が完了します(個人差があります)。

清潔感を出したいなら、日焼けをしていない秋から冬にかけて始めるのがベストタイミング。欧米では胸や背中の毛はセクシーさの象徴とされますが、日本では不潔な印象を与えがちです。医療レーザー脱毛で、ツルツルの肌を目指してみるのも良いのではないでしょうか。

スポーツ選手なら常識!VIO脱毛

実は、スポーツの世界ではVIO脱毛はもはや常識と言えるほど一般的になっています。大相撲、水泳、海外へ進出するサッカー選手などは必ずと言っていいほどVIO脱毛をしています。一昔前は、シーズン前にブラジリアンワックスで脱毛することが流行していましたが、今では医療レーザー脱毛も主流です。

一般の男性も、Vラインを残しながら、IとOは全脱毛を希望する人が比較的増えてきました。湿気の多い日本では、ニオイや肌荒れの原因になるVIOの脱毛もやっておいて損することはありません。

痛みに耐えられるか心配!痛みを抑える方法は?

メンズ脱毛の場合、多くの人が痛みを感じます。「ゴムでパチンパチンと弾かれたような痛み」と表現されることが多いですが、実際に痛みが酷すぎて通院を断念する人はいません。

女性に比べて痛みに弱く、美容医療を全く受けたことのない男性は少し尻込みするかもしれません。クリニックでは、痛みを最小限に抑える方法をいくつか用意しています。

・麻酔クリーム
ヒゲ脱毛や、VIO脱毛をする際に使用します。
塗布後、15分ほど経つと皮膚の感覚が麻痺して、痛みが軽減されます。

・笑気ガス
医療用酸素と亜酸化窒素のガスを鼻から吸引します。
感覚を麻痺させて痛みを緩和させる方法です。

痛みは個人差がありますが、もともとの皮膚が黒い場合や、太い毛の場合は痛みの程度が強くなります。脱毛前は日焼けしないようにして、飲酒を避け、普段から肌の保湿を心がけてください。

部位別痛みの程度と種類

・鼻下
顔の中でも一番痛みを感じやすい部位です。
毛が密集している上に、知覚神経が多いことが原因と考えられます。

・唇の下
鼻下と同じく毛の密集と太い毛が生える部分なので、痛みを感じやすいです。
歯にひびくという人もいます。

・アゴ&アゴ下
鼻下、口の下に比べると比較的痛みは弱い部分です。
鈍い痛みと熱さを感じやすい部位です。

・腕
二の腕は、ほとんど痛みを感じませんが、ヒジから手首にかけてはチクチクとした痛みを感じることがあります。

・ワキ
ヒゲ脱毛と同じくらいの強い痛みがあります。
皮膚が柔らかいため、ズキンズキンという鈍痛を感じる人が多いです。

・背中
ほとんど痛みを感じません。
稀に熱さを感じる程度です。

・腹
チクチクとした弾くような痛みを感じます。

・太もも&スネ
太ももはほとんど痛みを感じません。
スネは骨が近いためひびくような鈍痛を感じます。

・VIO
ヒゲ脱毛と同じくらいの痛みを感じます。
特にIゾーンとOゾーンは色素沈着しやすいパーツのためズキンズキンという痛みがあります。

毛質や生えている範囲でレーザーの照射パワーを調整しますので、部位によってかなり痛みの大きさと種類が異なります。不安が大きい場合は、医師に確認するのが良いでしょう。

まとめ

表参道スキンクリニックでは、メンズ脱毛に精通した医師や看護師が多数在籍しています。一度脱毛をすると、毎日のケアの煩わしさから解放されて気持ちがラクになったという患者様も多くいらっしゃいます。男性の脱毛のご相談も、ご予約フォームから承っております。お気軽にご連絡ください。

Inquiry

お問い合わせ

電話予約・お問い合わせはこちらから

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて