鼻や涙袋などのヒアルロン酸注入でのダウンタイムは?注意点もしっかり解説

公開日:2022/08/31 更新日:2022/08/31

ヒアルロン酸注入は皮膚を切開する必要がなく、注射針でヒアルロン酸を入れることで鼻を高くしたり涙袋をふっくらさせたりできるプチ整形です。ヒアルロン酸は元々体の中にある成分なので注入しても比較的安全性が高く、気軽に受けられる美容整形として人気があります。切開が必要な美容整形手術の場合は一定期間のダウンタイムが必要ですが、切開不要のヒアルロン酸注入を受けた場合はどの程度のダウンタイムとなるのでしょうか。額や唇など顔の様々な箇所に注入できるヒアルロン酸ですが、今回は鼻と涙袋へのヒアルロン酸注入を受けた際のダウンタイム期間や症状、注意点などを解説します。

鼻にヒアルロン酸を注入した場合のダウンタイム

鼻へのヒアルロン酸注入は、所要時間10分程度で切開の必要がなく、ナチュラルな仕上がりで鼻の形を変えたり高くしたりできるプチ整形の一種です。切開しないとはいえ、美容整形には一定のダウンタイムがあるものなので、ヒアルロン酸注入でどの程度のダウンタイムが発生するのか気になる方も多いのではないでしょうか。そこでまずは、鼻へのヒアルロン酸注入の際のダウンタイムから見ていきましょう。

ダウンタイムの期間

施術直後に腫れや赤みが出ることはあるものの、切開を行わないため、鼻へのヒアルロン酸注入のダウンタイムはほとんどありません。中には腫れや赤みが続くケースもありますが、施術翌日に治っていることが多く、長くても1週間ほどで目立たなくなります。ヒアルロン酸注入は施術直後でもメイクができるため、もし施術後やダウンタイム中に注入箇所が腫れたり赤くなったりしたとしても、コンシーラーやファンデーションで自然に隠すことが可能です。鼻の場合はマスクを着用していれば隠せるので、施術箇所が目立つ不安なく帰宅できます。

ダウンタイム中に現れる症状

前述のように、鼻へのヒアルロン酸注入でのダウンタイムはほぼありません。ただし、注射針を使用してヒアルロン酸を注入するので、個人差はありますが場合によっては注入をした箇所に痛みや腫れ、違和感や内出血の症状が出たり、施術直後は数時間重く感じたりすることがあります。内出血はファンデーションで隠せる程度の小さなものが多く、大きな内出血は稀なケースです。その他には、施術後の数日間突っ張った感覚を感じるケースも見られます。

しかし、これらの症状が長引くことは稀です。ほとんどの場合、症状は1日~数日程度で治まるので、ダウンタイムの期間に学校や仕事を休む必要もない程度の軽微な症状が大半といえます。そのため、整形手術後のダウンタイム期間に休みを取れない方にとっても、ヒアルロン酸注入は比較的気軽に受けられる施術といえるでしょう。

ダウンタイム中に気をつけるべきこと

施術直後でも、見た目はヒアルロン酸注入を受けたとわからないほど施術箇所が目立たないものですが、まったくダウンタイムがないわけではありません。基本的に普通に日常生活を送れますが、施術当日に血行を促進させると腫れが引きにくくなることがあるので、飲酒や激しい運動、サウナや長風呂は避けましょう。腫れとは異なる膨らみが感じられる場合もありますが、時間とともにだんだんと馴染んでいくので、膨らみが気になる場合でも強く押したりこすったりしないように気をつけましょう。

また、施術直後でもメイクはできますが、リキッドファンデーションは施術した針穴の部分に入り込む可能性があるため、施術箇所をこすらないようにパウダーファンデーションを使用することが推奨されています。また、ダウンタイム中の症状が長引く可能性があることを想定し、施術後2週間ほどは大事な予定は入れないようにすることをおすすめします。

涙袋にヒアルロン酸を注入した場合のダウンタイム

涙袋にヒアルロン酸を注入するとふっくらとした目元になり、若々しく見せられます。アンチエイジング効果に加えて目を大きく見せる、小顔効果を得たいときにもおすすめの施術です。涙袋は鼻よりも隠しにくく、皮膚が薄いデリケートな箇所なので、ダウンタイムの期間や症状などを、あらかじめ知っておきましょう。

ダウンタイムの期間

涙袋へのヒアルロン酸注入も、鼻への施術と同様にダウンタイムがほとんどありません。人によっては、まったくといっていいほどダウンタイムがない場合もあるほどです。症状が出た場合でも、一般的には1週間ほどでまったく違和感なく目立たなくなります。その一方で、内出血が長引き、完全に施術箇所が目立たなくなるまでに2週間かかったというケースもあるので、ダウンタイムの期間は0日~2週間と個人差が大きいといえます。

ダウンタイム中に現れる症状

涙袋へヒアルロン酸を注入した際に現れる症状は、鼻へのヒアルロン酸注入と同じように痛みや腫れや内出血が出るほか、目元の違和感です。また、目の充血、水ぶくれのような炎症が稀に起こる可能性があります。腫れはヒアルロン酸を注入した箇所のみではなく、目全体が腫れることもあります。特に施術後3日目頃には注入したヒアルロン酸が水分を含んで吸収することで、施術直後より涙袋が膨らんで大きくなることもありますが、徐々に馴染んで落ち着いてくれば心配ないので、1週間ほどは様子を見ましょう。

腫れや内出血はメイクで隠せる程度のものがほとんどなので、施術当日からコンシーラーやファンデーションでカバーできます。内出血は体の他の部分に起こるものと同様に、青紫のあざのような色からだんだんと黄色に変化し、消えていきます。

目の周囲のように皮膚が薄い部分にヒアルロン酸を注入した場合、一般的なダウンタイムが終わった後にも症状が続く可能性がある点に注意が必要です。それは、ヒアルロン酸が透けて青く見える「チンダル現象」と呼ばれる症状です。通常、ヒアルロン酸は注入されてから徐々に体内に吸収されますが、チンダル現象はヒアルロン酸が吸収されずに残ってしまうことにより起こります。皮膚の浅い部分に注入したり粗悪なヒアルロン酸製剤を使用したりすることなどが原因ですが、適量のヒアルロン酸を適切に注入すれば避けられる症状です。チンダル現象は自然治癒せず、10年以上に渡り残ることがあるため、クリニックでの治療が必要となります。

ダウンタイム中に気をつけるべきこと

鼻へのヒアルロン酸注入と同様に、腫れを抑えるために施術当日に血行を促進させることはNGです。飲酒や激しい運動、サウナなどは避けましょう。メイクは施術当日から可能ですが、施術箇所を避けて化粧下地やファンデーションを塗ることをおすすめします。まつげエクステは、施術翌日から使用可能です。

また、施術箇所を圧迫してしまうと、ヒアルロン酸が変形する原因となってしまいます。施術後は、ヒアルロン酸を注入した部分を不用意に触ったり、マッサージや美顔器を使ったりすることは避けましょう。長時間顔を下にしてうつ伏せの状態になることも患部を圧迫するため、ヒアルロン酸が定着するまでの2週間ほどは避けるのが無難です。同じ理由で、歯科治療やエステも控えましょう。

鼻へのヒアルロン酸注入と同様に、涙袋への施術の場合もダウンタイムが長引く可能性を考慮し、施術後2週間は大事な予定を入れないようにしましょう。

ダウンタイムを長引かせないためには?

ヒアルロン酸注入は、他の美容整形手術と比較してもダウンタイムが短く、症状が現れたとしても軽めで済む点がメリットです。その反面、施術後の処置を誤るとダウンタイム中の症状がひどくなったり、長引いたりすることもあります。ダウンタイムを長引かせないようにするにはどのようなことに気をつければいいのか、3つのポイントを紹介します。

炎症を抑える薬を処方してもらう

ヒアルロン酸注入後によく起こるのは、痛みや腫れ、内出血ですが、急に施術箇所が赤くなったり熱を持った腫れになったりした場合は、細菌感染による炎症の可能性が考えられます。本来は安全なはずのヒアルロン酸注入ですが、免疫が落ちている状態で施術を受けると、注入時に入り込んだ細菌により炎症を起こすこともあります。感染症を引き起こすと、一度ヒアルロン酸を溶かしてから抗生剤での治療が必要です。炎症を防ぐためにも、ヒアルロン酸注入を行ったクリニックで炎症を抑える薬を処方してもらいましょう。

また、ヒアルロン酸注入では、施術後数週間~数カ月後にしこりのようなものができることがあります。これは遅発性結節と呼ばれるもので、特に目の周囲や唇にヒアルロン酸を注入したときに起こりやすいのが特徴です。遅発性結成の原因ははっきりしていないものの、アレルギー反応や細菌感染が原因と考えられています。施術後、ダウンタイムが終わったと思った頃にしこりができるケースすることもあるので、炎症を抑えることは大事です。なお、もし遅発性結節ができた場合は、注射でヒアルロン酸を溶解した上でステロイド注射・内服が必要となります。

患部を冷やす

ヒアルロン酸注入のダウンタイムでよく見られる症状が、内出血です。内出血は毛細血管が多い箇所への施術で多く見られますが、患部を冷やすことで毛細血管を収縮させておくと、内出血のリスクを減らせます。施術後、3日程度は氷や保冷剤を巻いたタオルなどでヒアルロン酸注入を受けた患部を冷やして、内出血を予防しましょう。痛みや赤みが残っている場合も、冷やすことで緩和できます。

内出血は、冷やして3日経過した後に毛細血管を拡げて血流を良くすると、内出血の吸収が早まるといわれます。冷やすのは3日目までで、4日目以降は患部を温めて対処しましょう。

血流が良くなることを控える

ヒアルロン酸注入に限らず、腫れや内出血は血流が良い状態で悪化しやすくなるものです。ヒアルロン酸注入を受けたことによる腫れと内出血が起きた場合も同様に、施術後に血行が促進されるような行動があると、血流が良くなり症状が悪化してしまいます。施術当日から数日間、腫れや内出血が出ている間は飲酒や激しい運動、長時間の入浴やサウナなどは控えることをおすすめします。

また、腫れや内出血を早く引かせようとマッサージをする人もいますが、これは前述したようにヒアルロン酸を変形させるばかりか、ダウンタイムに発生した症状を悪化させるため逆効果です。注入したヒアルロン酸が定着するまでに約2週間かかるため、外部からの刺激により腫れてしまったり注入したヒアルロン酸が広がったりする場合があるので、施術した箇所の周囲をマッサージするのは3週間ほど控えましょう。

症状が長引く場合はクリニックへ

ヒアルロン酸注入後のダウンタイムに現れる症状は、長くても2週間で治まるのが一般的です。施術から1~2週間が経過し、一般的なダウンタイムが終わるはずの時期になってもダウンタイム中のさまざまな症状が治まらず、痛みや腫れ、違和感などが長引くことがあります。このような場合は、速やかにクリニックへ相談しましょう。

一定期間経過後、ダウンタイム中とは別の症状が出ることもあります。仕上がりが不自然だったり前述の遅発性結節が原因のしこりができたりするほか、ヒアルロン酸を注入したにもかかわらずまったく効果が感じられないケースもありますが、これらはヒアルロン酸製剤の質や、医師の技術が未熟であることが原因と考えられます。このような症状を避けるためには、確かな技術を持つ医師の元でヒアルロン酸注入を受けられるクリニック選びが重要です。

表参道スキンクリニックでのヒアルロン酸注入は非動物性で高品質の100%ピュア・ヒアルロン酸のみを使用しております。信頼できる技術を持つ専門スタッフが丁寧なカウンセリングを行った上で、一人ひとりの肌の状態に合わせた施術を行います。施術は完全個室でプライバシーを守りながら、痛みが不安な方には局所麻酔にも対応しているので、リラックスして受けられるのも魅力です。表参道スキンクリニックでは 万が一症状が長引いた場合でも、医療機関ならではの アフターケアで施術後の症状が長引くなどのトラブルにもしっかり対応し、安心して受けられる体制を整えています。

まとめ

他の美容整形と比較するとダウンタイムがほとんどない、またはごく短いといわれるヒアルロン酸注入ですが、場合によってはダウンタイム中にさまざまな症状が現れ、その症状が長引く可能性もあります。症状を長引かせないためには、ダウンタイム中の注意点を守ること、高い技術で安心して施術を受けられるクリニックを選ぶことがポイントです。イメージ通りの印象の鼻や涙袋にするためには、ダウンタイム中の症状やNGポイントを押さえて、良いクリニックで施術を受けましょう。

お問い合わせ Inquiry

電話予約・お問合せはこちらから

オモスキでリセットキャンペーン