ヒアルロン酸注射で不自然なふくらみや腫れが!馴染むまでの期間や対処法は?

公開日:2022/08/31 更新日:2022/08/31

注射でヒアルロン酸を注入するヒアルロン酸注射は、シワの改善や鼻の高さ調整、涙袋を作るなどさまざまな目的で行われているプチ整形の方法です。短いダウンタイムと施術時間でイメージ通りの印象にできる一方で、施術箇所が腫れたり不自然にふくらんだりするほか、凸凹になってしまうこともあります。今回は、ヒアルロン酸注射を受ける前に知っておきたい、ヒアルロン酸が馴染むまでの期間やふくらみなどができた際の対処法をご紹介します。

ヒアルロン酸で不自然なふくらみができてしまう理由

ヒアルロン酸注射はメスを使うことなく、注射のみで受けられて安全性が高いので気軽に受けられるプチ整形として人気です。しかし、失敗例や想定外の仕上がりになる場合があるのも確かです。特に多くみられるのが、施術箇所に腫れや不自然なふくらみ、凸凹ができてしまう例です。腫れはダウンタイムによくある症状ですが、なぜふくらみすぎや凸凹ができてしまうのか、まずは原因から解説します。

注入量が多い

ヒアルロン酸注射は、医師が適量を判断してヒアルロン酸を注入します。注入する量はわずかですが、注入量が多すぎると必要以上にふくらんでしまい、不自然に見える恐れがあります。ふくらみが大きすぎると、唇や涙袋に注射した場合は大きくなりすぎてしまい、額に注射した場合はボコボコと凸凹になることもあるため、適量をきちんと判断できる技量を持つ医師に施術を依頼することが必要不可欠です。

医師の技術により左右差が出てしまう

人の顔は完全に左右対称ではないので、左右でまったく同じ量のヒアルロン酸を注射すると、見た目でわかるほどの左右差ができてしまうことがあります。美容医療として多数のクリニックで行われているヒアルロン酸注射は短時間で終わる施術ですが、一人ひとりの顔の左右差を詳しく診察して骨格や表情筋の状態を確認し、適切なバランスのヒアルロン酸を注射するためには医師の技術が必須です。

もし経験が浅く技術が未熟な医師が施術すると、顔の状態をきちんと確認しないまま施術が行われるため均一な状態にできず、左右に施術を受けた後 に差ができる恐れがあります。特に目元の施術の場合、あまりも左右差ができてしまうとどうしても目立ってしまい、左右差を修正しようと追加でヒアルロン酸を注射してさらに不自然なふくらみが目立ってしまうことも 。広い箇所である額へのヒアルロン酸注射の場合は左右差よりも広く均一に注入する必要がありますが、1カ所に偏って注入してしまうと凸凹ができる原因となります。

何度も注入しているうちに見慣れて入れすぎてしまう

ヒアルロン酸注射を何度も受けていると、施術後の状態を見慣れてしまうことはありがちです。注入されたヒアルロン酸は時間の経過とともに吸収されてしまい、2~3年も経つと完全に吸収されるため、同じ箇所に数年おきに注射するケースは珍しくありません。

ところが何度も施術を受けているとヒアルロン酸を注入した状態に見慣れてしまうことで、適切な量以上のヒアルロン酸を入れてしまうことも、不自然にふくらむ原因です。見慣れてしまうケースは、自分では気づかないうちに適量のヒアルロン酸では不十分と感じてしまう一方で、他人から見ると不自然な顔になってしまいがちです。このようなケースでも、適量を注射する医師の正しい判断が求められます。

自然に馴染むにはどのくらいの期間がかかる?

注入されたヒアルロン酸が自然に馴染むまでにかかる期間は、体質などによって個人差があります。使用するヒアルロン酸製剤や注入量によっても異なり、ヒアルロン酸が吸収されにくい箇所へ注入すると時間がかかりますが、一般的にはおよそ1~3週間ほどです。

ヒアルロン酸を注入した直後は、どうしても不自然さや違和感、肌の突っ張りなどを感じることがあります。ヒアルロン酸は体の中にある成分ではありますが、吸収されるまでに一定時間がかかり、注入した直後は特に肌の凸凹やふくらみを感じる可能性が高くなります。ヒアルロン酸注射直後は不自然に見えたりボコボコとした状態だったりしていても、馴染んでいけば徐々に目立たなくなるはずです。もし3週間以上経過しても不自然なふくらみやボコボコした状態が治らない場合は、施術を受けクリニックで相談することをおすすめします。

ヒアルロン酸をできるだけ早く吸収させる方法は?

顔に打ったヒアルロン酸の腫れや凸凹は、他人から見えやすい箇所なので特に気になるところでしょう。そんな悩みを解消するには、注入したヒアルロン酸を吸収させて落ち着かせることです。できるだけ吸収を早める には、主に2つの方法があります。

ヒアルロン酸を溶解する

不自然なふくらみやボコボコした状態が解消しない、凸凹がしこりになって残ってしまったなどの場合に用いられるのが、皮膚に注入したヒアルロン酸を加水分解する酵素「ヒアルロニダーゼ」を注射して吸収を早めるヒアルロン溶解注射です。この注射はボコボコ状態を解消するときのほか、注入しすぎたヒアルロン酸の修正治療にも用いられ、ヒアルロン酸注射を受けたクリニックで対応してもらえることが多いです。ヒアルロニダーゼは注入されたヒアルロン酸のみを分解するので、体内に元々存在するヒアルロン酸を分解する心配はありません。溶解注射の効果は個人差がありますが、ヒアルロニダーゼは注射後数時間程度で効果が現れます。

ただし、ヒアルロン酸溶解注射は注入したヒアルロン酸を分解してしまうため、体内に吸収させて肌の凹凸のみを解消するものではありません。ヒアルロン注射の仕上がりに満足できなかった場合に戻すときにも使用されるものなので、溶解後の肌は注射前の状態に戻ってしまいます。そのため、ヒアルロン酸溶解注射を受けた場合は一度元の状態に戻した上で、再度ヒアルロン酸注射を受ける必要があります。再注入を行う場合は、ヒアルロン酸溶解注射を受けてから3週間~1ヶ月程度空けなければなりません。

マッサージを行い血流を良くする

血流を良くすれば、ヒアルロン酸の吸収を早められると考えられています。そのためには、マッサージを試してみるのも1つの方法です。ふくらはぎのマッサージは全身の血流を良くする効果が期待できるので、くるぶしからアキレス腱や膝にかけて押し上げるようにマッサージをしてみましょう。血流が促進され、ヒアルロン酸の吸収速度のアップも望めます。

マッサージをする上で注意したいのは、ヒアルロン酸を注射した箇所をマッサージしないことです。顔に打ったヒアルロン酸のふくらみや凸凹が気になるからと、施術から時間が経っていないうちに施術箇所をマッサージしてしまうと、血流が腫れや赤みが悪化するばかりか注入されたヒアルロン酸が変形したり移動したりする恐れがあります。マッサージをすることで症状が悪化することもあるため、施術箇所はヒアルロン酸が馴染むまでマッサージは控えるべきです。

ヒアルロン酸注射を行っている表参道スキンクリニックでは、専門スタッフが施術を担当して適切な量のヒアルロン酸を注入するので、ふくらみすぎることなくナチュラルなふっくら感を作り出せます。丁寧なカウンセリングを実施することで一人ひとりの肌に合った施術を行うので、安心してヒアルロン酸注射を受けられる、おすすめのクリニックです。

まとめ

ヒアルロン酸注射は、医師の技術の差やヒアルロン酸の入れすぎなどにより、思い通りの仕上がりどころか肌に腫れや過剰なふくらみ、凸凹ができる可能性もあります。適切な施術であったとしても、馴染むまでには一定期間がかかります。ヒアルロン酸吸収を速める対処法を試しても肌の状態が解消しない場合は、ヒアルロン酸溶解注射をして再度ヒアルロン酸注射を行う可能性もあるので、納得できる仕上がりにするには技術と実績があり、信頼できるクリニックを選ぶことが大事です。

お問い合わせ Inquiry

電話予約・お問合せはこちらから

オモスキでリセットキャンペーン