脱毛は何歳からできるの?介護脱毛についての解説

公開日:2023/07/10 更新日:2024/01/19

脱毛は何歳からできるの?介護脱毛についての解説

脱毛を始めるのに最適な年齢は何歳でしょうか?美意識の高いティーンエイジャーが増え、二重幅のりやメイクは当たり前になりました。

同時に、50代を過ぎると今後介護される側になることを見据えて脱毛を考える人も多くなります。今回はライフステージ別の悩みから、医療レーザー脱毛に最適な年齢を探ってみたいと思います。

年齢別のムダ毛の悩み 脱毛を始めるきっかけは?

脱毛が以前よりも身近になり、多くの年代から支持される施術になりました。どんな年齢層でもムダ毛の悩みは尽きません。ここでは、年代別のムダ毛の悩みと脱毛に通うきっかけをご紹介します。

・10代
学校行事や部活などで肌を露出する時にムダ毛が気になりはじめます。特に思春期を迎えると、周囲と自分を比較して「恥ずかしい」と思うこともしばしば。間違った自己処理をしてしまう前に、保護者や信頼できる大人が対策を一緒に考えてあげたいものです。

・20代
20代は、身だしなみを整えるために脱毛を始める人が多くなります。医療レーザー脱毛よりも、ファーストステップとして安価なサロンでの光脱毛に通う傾向も見られます。結婚や出産などに向けて、ワキ・顔・背中・腕・足の見える部分を施術したいという希望が多いです。

・30代
30代の脱毛はライフスタイルによって2つに分かれます。結婚出産を経た人は、クリニックやサロンに通う時間がないため自己処理で済ませる人もいます。また、金銭的・時間的に余裕がある人はサロンでの脱毛を卒業し、改めてクリニックでの医療脱毛を希望する人も。半永久的に毛が生えてこないため、医療レーザー脱毛の効果をしっかり感じたいと考え直すようです。

・40代
40代になると増えるのが、VIOの脱毛です。将来自分が介護される側になることを見据える人が多くなります。医療レーザー脱毛も光脱毛もメラニン色素に反応して毛母細胞を破壊するため、白髪には全く効果がありません。衛生面を考えて、早いうちからカウンセリングに足を運ぶという例が見られます。

・50代以降
40代と同様、VIO脱毛が多いのですが、ご自身が親の介護の際に大変さを実感したり、また20代の娘さんから勧められたりというきっかけが多いようです。美容意識を特に持っていない方でも、周囲に勧められて調べてみたという人もいます。

未成年の脱毛はできるの?

前述の通り、10代前半からムダ毛が気になり始める時期を迎えます。では未成年の場合、医療レーザー脱毛は可能なのでしょうか?ホルモンバランスがしっかりと安定していない10代前半の肌はデリケートです。医療レーザー脱毛を行なっても、効果が十分にあわられないこともあります。

また、脱毛に成功しても成長とともに再びムダ毛が生えてきてしまう可能性があるのも覚えておいてください。ムダ毛の悩みが深刻な場合は、生理周期が落ち着いた頃がベターなタイミングです。

クリニックで、未成年が施術を受けるときは、保護者の同伴や同意書が必要な場合がほとんどです。また、年齢制限を設けているクリニックもあります。どんな効果とリスクがあるのか、本人と保護者、医師がきちんと話し合った上で臨むことが大切です。

何歳まで脱毛はできる?介護脱毛ってなに?

医療レーザー脱毛は何歳まで受けることができるのでしょう?高齢化社会を迎え、最近では介護脱毛の需要が高まっています。今まで脱毛をしたことがない年代にとって、急に介護のためにVIOの脱毛をするのには抵抗を感じるかもしれません。

ですが、将来自分が介護される側になった時、介護者の負担を減らせるとしたらどうでしょう?介護される側になると、紙パンツやオムツを着用することになります。この時、デリケートゾーンに毛が生えていると、汗や排泄物がムダ毛に付着してしまいます。

汗や排泄物のせいで、雑菌が繁殖しニオイのもとになったり、デリケートゾーンに炎症を起こしたり、肌トラブルを起こしやすくなります。介護する側にとっても、オムツを替える時に清潔な方が心理的にもラクになります。

介護脱毛を始めるなら、白髪が生える前の段階、40〜50代がおすすめです。医療レーザー脱毛は、黒いメラニン色素に反応し毛母細胞を破壊する方法。白髪になってしまうと、レーザーが反応せず脱毛自体が難しくなります。

医療レーザー脱毛も光脱毛も使えないためニードルに電気を通し1本1本、毛母細胞を破壊していかなくてはなりません。時間と手間、痛みの負担が大きくなるので、白髪になる前に対策しておきましょう。また、VIO全ての脱毛に抵抗があるならば、IゾーンとOゾーンだけ行うのもおすすめです。

医療レーザー脱毛に年齢制限はあるの?

脱毛に年齢制限はありません。ただし、未成年なら生理が始まってから以降、ホルモンバランスが整う頃を待ったほうがトラブルが起こりにくくなります。また上限もなく、白髪でなければ60代以降でも脱毛は可能です。

明確なルールはなく、「はじめたい!」と思った時ならいつでも可能なのが医療レーザー脱毛の利点とも言えます。また、医師や看護師が肌を見ながら施術を行い、万が一トラブルが起こった時でも医療機関ならではの対応が可能です。

脱毛に通ったことがなかった中高年でも、ムダ毛の悩みが心理的に負担を与えてしまうかもしれない思春期でも、安心して通えるのがクリニックの医療レーザー脱毛です。

表参道スキンクリニックでは、自己処理の難しいVIO脱毛や介護脱毛、また10代のムダ毛の悩みにも真摯に取り組んでいます。個人情報はもちろん厳守します。

多くの症例があるので、患者様の疑問点に寄り添う解答をご用意できるのも当院の強みです。1人で悩まず、お気軽にカウンセリングにお越しください。カウンセリングはご予約フォームから承ります。

Inquiry

お問い合わせ

電話予約・お問い合わせはこちらから

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて