韓国発のニードルRF治療!エリシスセンスの特徴や導入したい薬剤を解説

公開日:2024/04/13 更新日:2024/06/05

韓国発のニードルRF治療!エリシスセンスの特徴や導入したい薬剤を解説

エリシスセンスは、高周波エネルギー(RF)を照射できるマイクロニードルを肌に挿入することで肌悩みを改善に導く美肌治療です。

ダーマペンやポテンツァとの違いや期待できる効果、ドラッグデリバリーにおすすめの薬剤など、エリシスセンスを受ける前に知っておきたいことを解説します。

エリシスセンスの特徴

エリシスセンスはマイクロニードルと高周波エネルギーを組み合わせた治療機器です。

マイクロニードルによって皮ふに小さな穴を開けることで創傷治癒力を高め、コラーゲンやエラスチンの生成を促進します。肌のハリや弾力アップが期待できるため、小じわやたるみの改善、クレーター状に残ってしまったニキビ跡の改善に効果的です。

また、高周波エネルギーによって真皮層に刺激を与えることで肌を引き締め、リフトアップ効果も期待できます。

さらに、エリシスセンスにはニードルを抜くと同時に薬剤を空気圧によって均一に注入する「ドラッグデリバリー」という機能が搭載されています。美容成分を深部まで均一に導入することができるのも人気の理由です。

ポテンツァとの違いは?

エリシスセンスには、ポテンツァにはない3つの機能が搭載されています。

ダブルショット機能

エリシスセンスは、一度のショットで深さの異なる皮ふ層に高周波エネルギーを届けるダブルショット機能が搭載されています。一度に2ショット分の効果を得られるため、施術時間の短縮になるほか、痛みやダウンタイムの軽減にもつながります。

真空サクション機能

皮ふを吸引しながらニードルを挿入できる真空サクション機能が搭載されているのもエリシスセンスならではの特徴です。皮ふを吸引しながら打っていくため、チップが肌に密着しやすく、狙った位置に的確にショットを打つことができます。また、まぶたや首元など、皮ふが重なるパーツに打てるのもエリシスセンスならではの特徴です。

エリシスセンスとポテンツァはどちらを選ぶ?

エリシスセンスとポテンツァには類似した機能が多く、どちらを選んでも効果に大きな差はありません。

エリシスセンスのようなダブルショット機能がないポテンツァはエリシスセンスと比べて多くのショット数を打つため、施術時間やダウンタイムが長めになる傾向があります。

ダウンタイムをできるだけ少なくしたい場合はエリシスセンスを選ぶのがおすすめです。

ドラッグデリバリーにおすすめの薬剤は?

エリシスセンスのドラッグデリバリーシステムを使えば、さまざまな美容成分を持つ薬剤を肌の深部に届けることができます。なにを導入すべきかは肌悩みによって異なりますが、ここでは注目の薬剤を3種ご紹介します。

エクソソーム

エクソソームは再生医療の分野でも注目される情報伝達物質で、皮ふの再生や創傷治癒力の向上などに効果が期待できます。エクソソーム製剤をドラッグデリバリーで導入することで、肌全体の若返り効果やニキビ跡などの改善効果が期待できると注目を集めています。

マックーム

マックームはポリL乳酸(PLLA)を成分にしたコラーゲンの生成を促進することに特化した薬剤です。内側からふっくらとした肌に導いてくれるので、加齢による小じわや皮ふのくぼみが気になるという人に適しています。ポテンツァ用に開発された薬剤ですが、エリシスセンスでも導入することが可能です。

キウセラ

キウセラはポリDL乳酸(PDLLA)とヒアルロン酸を掛け合わせて作られた肌育に特化した薬剤です。コラーゲンやエラスチンの生成を促しふっくらとした肌に導いてくれる効果のほか、導入直後から肌のうるおいまで再現してくれます。日本ではまだ取り扱いが少ない薬剤ですが、表参道スキンクリニックではいち早くキウセラのお取り扱いを開始しました。

エリシスセンスを受けるなら表参道スキンクリニックへ

ポテンツァと比べてまだ取り扱いが少ないエリシスセンスですが、ポテンツァと同様のドラッグデリバリーシステムを搭載しながら、ポテンツァよりも短い施術時間でダウンタイムを軽減できる治療です。

エリシスセンスの治療をご希望の方は、ぜひ表参道スキンクリニックにお越しください。改善したい肌悩みにあわせた治療プランをご提案させていただきます。

Inquiry

お問い合わせ

電話予約・お問い合わせはこちらから

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて