発毛促進に効果。エクソソーム(再生治療)を使った2023年最新薄毛治療事情

公開日:2023/11/04 更新日:2024/04/10

発毛促進に効果。エクソソーム(再生治療)を使った2023年最新薄毛治療事情

エクソソームは、幹細胞培養上清液から抽出されるとても小さなカプセル状の物質です。
幹細胞から全身に「組織の再生」や「組織の修復」を伝達する “メッセンジャー”のような役割を担っており、体の弱っている部分を強化させる効果が期待できると考えられています。

再生医療の分野で注目があつまっているエクソソームですが、AGAなどの男性型脱毛症をはじめとする薄毛治療にも活用されはじめています。エクソソームを使った最新薄毛治療について解説します。

治療をはじめる前に知っておくべき薄毛の原因

薄毛治療をおこなう上で欠かせないのが原因の特定です。薄毛の原因には次のようなものが挙げられます。

男性ホルモンの影響によるもの

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの一種であるテストステロンが、体内に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンに変換され、毛包のアンドロゲンレセプター(ホルモン受容体)と結合することで起こる、ヘアサイクルの乱れによって起こります。

一般的なAGA治療では、ジヒドロテストステロンのはたらきを抑制することで抜け毛や薄毛を予防する投薬治療が行われています。

遺伝によるもの

アンドロゲンレセプター(ホルモン受容体)の数は遺伝子レベルで決まっており、多ければ多いほどAGAのリスクが高くなります。そのため、薄毛の8割は遺伝で起こると考えられています。

環境によるもの

ストレスによるホルモンバランスの乱れや、栄養の偏った食習慣喫煙習慣なども薄毛の原因となり得ます。

外的要因によるもの

パーマやブリーチを繰り返すと、毛髪だけでなく頭皮環境の悪化にもつながり、薄毛リスクが高くなります。紫外線やワックスなどの整髪料の使用なども刺激になることがあるため、薄毛が気になる人は見直していく必要があります。

エクソソームが薄毛治療に効果的な理由

組織の再生を促進すると考えられているエクソソームには、毛母細胞の修復・再生効果や、細胞分化・増殖を促進する効果が期待できます。
これまでは薄毛の進行を抑制する治療や、男性ホルモンの分泌を抑制することで発毛のサポートをおこなう治療がメインでしたが、エクソソームの場合、毛を生やすための細胞そのものに働きかけて再生を行う画期的な薄毛治療となりますので、AGAはもちろん女性型脱毛症にも効果が期待できます。

エクソソームを頭皮に注入する方法

エクソソームの注入方法はクリニックによって異なります。

注射器を使って頭皮の表皮と真皮の間に注入するパピューレ法や頭皮の浅い部分に細かく注射を行うナパージュ法ダーマペンを使用して頭皮に小さな穴を開けてエクソソーム製剤を浸透させるダーマペン法、フラクショナルレーザーを使用して頭皮に細かい穴を開けてエクソソーム製剤を浸透させるフラクショナルレーザー法などさまざまな方法があります。

エクソソーム製剤をどのように注入するかはクリニックの方針によって異なりますので、カウンセリング時に確認しておくのがよいでしょう。

エクソソームによる薄毛治療はカウンセリングから

エクソソーム製剤を使用した再生医療にかかる費用は、一度の治療で20万円~30万円程度。繰り返し治療を受ける必要があるためコストはさらに高額となります。とはいえ、気になる薄毛を細胞レベルで改善させていくエクソソーム治療の人気は高く、一般的な投薬治療ではなかなか効果があらわれないという人であれば視野にいれたい治療です。
表参道スキンクリニックではさまざまな薄毛治療も行っているため、まずはカウンセリングでお気軽にご相談ください。

Inquiry

お問い合わせ

電話予約・お問い合わせはこちらから

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて