全切開(二重まぶた)

半永久的な二重を手に入れたい方へ

  • 全院

こんなお悩みをお持ちの方へ

全切開(二重まぶた)とは? About

全切開(二重まぶた)

全切開法は、上まぶたの目頭から目尻部分までを切開して、直接二重のラインを作る方法です。
皮膚が厚い方や、まぶたが重たい方、半永久的な二重を手に入れたい方などに最適です。
デザインの自由度が高く、埋没法よりも二重のラインがくっきりと強く固定されるため、モデルさんや女優さんのような、パッチリとした華やかで魅力的な瞳を作り出すことが可能です。
施術前に入念なカウンセリングを行い、患者さまのご希望のラインを伺います。
その後、医師がデザインのシミュレーションを行い、デザインが済んだら麻酔をします。
施術はメスで上まぶたの皮膚を半弧状、あるいは三日月状に切開。
二重形成の妨げになりやすい眼窩脂肪の除去も、必要に応じて同時に行うことができます。
その後、丁寧に縫合して、くっきりとした美しい二重に仕上げます。

全切開(二重まぶた)の
治療時間や痛みの度合いなど
DATA

治療時間 施術内容によりますが、30~40分ほどで終了します。
痛みの度合い 麻酔を十分に施した上で手術を行いますので、手術中の痛みはありません。麻酔を注入する針は国内最極細の針を使って注射をしますので、こちらもほとんど痛みは感じません。
ダウンタイム 4~5日程度は腫れが気になる方がいらっしゃいますが、時間とともに腫れは確実に引いていきますのでご安心下さい。また、切開部分の傷は二重のラインと完全に一体となり、自然と目立たなくなります。
メイク アイメイクは、基本的に手術の5~7日後に行う抜糸の翌日から可能です。
シャワー・入浴 体が温まりすぎない程度であれば入浴は手術の翌日から可能です。

全切開(二重まぶた)のリスク、副作用、
術後の注意点などについて
ATTENTION

全切開(二重まぶた)のリスク

皮膚を切開するので、痛み、腫れ、赤みを伴います。
また術後に内出血やまつ毛の感覚異常が起こる可能性があります。

全切開(二重まぶた)の副作用

・痛み・腫れ
術中は麻酔をするので痛みはありません。
術後に傷跡が硬くなって赤みを持ちますが、通常は3ヶ月ほどで改善します。

全切開(二重まぶた)の術後の注意点

・内出血
赤みや腫れとともに、術後に内出血が起こりやすくなります。
個人差はありますが、2週間から1ヶ月ほどで改善します。
・ダウンタイム
強い腫れや内出血は数週間で改善しますが、二重幅を広く取った場合などは切開部分が大きいためダウンタイムが長くなります。
個人差はありますが半年、1年と時間の経過につれて馴染んでいきます。

全切開(二重まぶた)の料金 PRICE


  
全切開 両目 385,000円(税込)
片目 231,000円(税込)

全切開(二重まぶた)の症例写真 Case

全切開(二重まぶた)の関連施術

モニター募集

モニター募集

表参道スキンクリニックでは、症例モニターを随時募集しております。
モニターにご協力頂ける患者さまにはモニター価格で施術をお受け頂けます。

詳しくはこちら