剥離なしでつるん肌に!韓国でも話題の最新第4世代ピーリング「ララピール」

公開日:2024/03/15 更新日:2024/06/17

剥離なしでつるん肌に!韓国でも話題の最新第4世代ピーリング「ララピール」
LINEで送る

ララピール(LHALA PEEL)は、ピーリング時に起こりがちな痛みや熱感、腫れ、そして剥離といった肌ダメージの心配なく肌の再生をうながす新時代のピーリング剤。日本ではまだまだ取り扱いの少ないララピールですが、美容大国韓国では「肌を育てるピーリング」としてすでに高い人気となっています。

ララピールの特徴や、ララピールと組み合わせて受けたい施術などを解説します。

 

LINEお友だち追加

ピーリングで肌育!ララピールって?

ララピールは、化粧品メーカーロレアル社が開発した新しい成分LHA(リポヒドロキシ酸=カプリロイルサリチル酸)にアルカリ成分(P-Sol™)と脂質成分(Lipids)を組み合わせた次世代のピーリング剤です。

従来のピーリング剤が「古い皮ふを少しずつ剥離させる」という効果だったのに対し、ララピールは「不要な角質やメラニンを溶かしながら有効成分を深部に届ける」という効果があります。

弱酸性で刺激が少ないのが特徴で皮ふの剥離が起こらないため、これまでピーリング治療を受けられなかった敏感肌の人や、ダウンタイムのない肌治療を希望する人にも適しています。

ララピールの効果

ララピールに含まれている成分により、次のような効果が期待できます。

LHA

ララピールに含まれるピーリング成分のLHAには、毛穴を目立たなくさせる効果や皮脂の分泌量を抑える効果、不要な角質や毛穴汚れを除去する効果が期待できます。

P-Sol

ララピールに含まれるアルカリ成分のP-Sol™には、毛穴の引き締めやコラーゲンの生成をうながす効果、肌の表面を保護する効果が期待できます。

Lipids

ララピールに含まれる脂質成分のLipidsには肌を保護する効果が期待できます。

ララピールによる肌治療が適している人は?

ララピールは、次のような肌悩みを持つ人に適しています。

  • 毛穴汚れや皮脂汚れが気になる
  • 肌をリセットしたい
  • 皮脂過剰によるニキビ肌を改善したい
  • ダウンタイムのない肌治療がしたい
  • 肌への刺激が少ない肌治療を希望している

ララピールの施術の流れ

洗顔後、専用のクレンジングにてディープクレンジングをおこない、清潔な肌に薬剤の塗布します。ララピールの1剤目(ベーシック)をブラシで塗り広げ、皮ふ表層のケアをしながらしっかりと浸透させていきます。1剤目を拭き取り、2剤目(ウルトラ)を塗布し、皮ふ深層のケアをしながら時間を置いた後拭き取り、スキンケアを行って終了となります。

施術後はもちろん、施術中の痛みはありません。また、施術直後からメイクが可能ですが、せっかく肌がリセットされた状態ですので、できれば避けたほうがベターです。

ララピールを受ける頻度は?

ララピールは定期的に施術を受けることでより効果を実感しやすい治療です。低刺激なので1週間に一度受けても問題ないと言われていますが、2~3週間に一度程度、10回ほど継続するとより肌質の向上を実感できるでしょう。

ララピールと組み合わせたい肌治療は?

ララピールを受けた肌は、不要なものが除去されクリーンになった状態ですので、浸透力がアップしています。そのため、エリシスセンスやダーマペン、ポテンツァといったニードルによる薬剤導入などと併用すると、より薬剤の効果を実感しやすくなるためおすすめです。

ララピールを受けるなら表参道スキンクリニックへ

表参道スキンクリニックでは、現在、7月15日(月)まで、業界最安値の12,600円(通常1回16,800円)でララピールを受けられるキャンペーンを実施しています。

ぜひこの機会に話題の肌育ピーリング「ララピール」をお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Inquiry

お問い合わせ

電話予約・お問い合わせはこちらから

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて