ルフォー+SSRO+オトガイ骨切り術 | 美容外科・美容皮膚科なら表参道スキンクリニック[公式]

ルフォー+SSRO+オトガイ骨切り術

美容外科 輪郭・アゴ

ルフォー+SSRO+オトガイ骨切り術

ルフォー+SSRO+オトガイ骨切り術とは

About

ルフォーⅠ型骨切り術は、上顎骨を骨切り後あらゆる方向に移動し、理想的な位置に固定することで骨格の不調和を改善する手術です。

この手術は、移動の自由度が高く固定性にも優れた方法ですが、移動量は生物学的、解剖学的、または個人差によって限界が生じます。
そのため、患者様のご希望と生理学的機能の両方を考慮した上で移動量を決定いたします。

加えてSSROは下顎枝矢状分割術とも言い、
下顎骨を矢状に分割して下顎を後方や前方に移動させる手術です。
この手術は、移動の自由度が高いため適応範囲が広く、骨片同士をプレート固定することで顎間固定の期間を短くすることが可能です。
また、分割した骨片間の接触面積が広いため骨の治癒も速やかです。

これに加えオトガイ形成を組み合わせることで、より理想のフェイスラインを演出できます。

ルフォー+SSRO+オトガイ骨切り術で期待できる効果

Effect

EFFECT 01

ガミースマイルの解消

上顎骨を前方に移動させ、歯茎の露出を減らし、口元のバランスを整えてガミースマイルを解消します。

EFFECT 02

しゃくれ顎の解消

下顎骨を適切に修正し、顎の位置を調整します。この手術により、顎の前後関係を改善し顔の輪郭を整えます。

EFFECT 03

咬合異常を解消

上下顎の位置を改善することにより歯の噛み合わせを正常にし、咬合異常や関連する問題を解消します。

ルフォー+SSRO+オトガイ骨切り術の料金

Price

表参道院

ルフォー+SSRO+オトガイ骨切り術

3,410,000

お支払い方法について

現金によるお支払いのほか、各種クレジットカード(一括のみ)、電子マネー(交通系IC・QUIC Pay・ID・楽天Edy・WAON・nanaco)、医療用信販によるお支払いも承っております。
詳しくはお電話またはカウンセリング予約時に、お気軽にお問い合わせください。

お支払い方法について

ルフォー+SSRO+オトガイ骨切り術のダウンタイム・術後の過ごし方

Downtime

腫れ

顔面の骨を大きく削る手術のため手術後の腫れや痛みが強く出ます。強い腫れは1~2ヶ月程度続き、完全に腫れが引くのは6ヶ月程かかります。また、術直後は非常に強い痛みを伴い、手術後3ヶ月程度は食事や会話の際も痛みが生じることがあります。

ダウンタイム

手術後、最長1年程度の痺れや麻痺が出る場合があります。
強い痛みは術後1ヶ月程度、食事や会話の際にも生じることがあります。

傷跡

口腔内から切開を行うため、顔の表面に傷は残りません。手術中に口を大きく開ける器具を使用するため、口唇に火傷や擦り傷、色素沈着が起こることがありますが、時間の経過とともに治まります。必要に応じて治りを早くしたり色素を薄くする外用薬を処方する場合もあります。

通院回数

6回 (施術、翌日検診、1週間検診、1ヶ月検診、3ヶ月検診、6ヶ月検診)

持続性

半永久的。ただし、年齢や生活習慣、体重の増減などによって、効果が変化する場合があります。

麻酔の種類

全身麻酔

抜糸

10〜14日後

シャワー

手術後1週間程度は入浴は控えることが推奨されます。シャワーの場合は傷口に注意して浴びる必要があります。

飲酒

手術後の飲酒は、傷口からの出血を促進する可能性があるため、通常は手術後2週間は避けることが推奨されます。

運動

軽い運動や散歩は可能ですが、激しい運動は避けるようにしましょう。

リスク・副作用

腫れ、内出血、痛み、血腫、感染、傷跡、瘢痕形成、段差、左右差、麻痺など

施術可能なクリニック

Clinic

一部オプション等、対応できない院もございます。

表参道院

表参道院

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目9−13
喜多重ビル 4階

診療時間
月、火、木 11:00~20:00
金、土(祝日除く) 11:00~19:00
日、祝 10:30~18:00
休診日
水曜日

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて
新生活応援キャンペーン