切らない眼瞼下垂(タッキング法) | 美容外科・美容皮膚科なら表参道スキンクリニック[公式]

切らない眼瞼下垂(タッキング法)

美容外科 目(二重・目元)

切らない眼瞼下垂(タッキング法)

切らない眼瞼下垂とは

About

タッキング法は瞼を持ち上げる筋肉を糸によって縫い縮めることにより、目を大きく開くための手術です。

こんなお悩みの方にオススメ

  • ダウンタイムが取れない方
  • 瞼を切開したくない方

切らない眼瞼下垂で期待できる効果

Effect

目が大きく開くようになり、パッチリとした大きな目を演出することができます。

切らない眼瞼下垂の施術方法

Method

瞼の裏側に糸を通し、ミュラー筋を縫い縮めます

切らない眼瞼下垂の料金

Price

切らない眼瞼下垂(タッキング法)

片目

264,000

切らない眼瞼下垂(タッキング法)

両目

440,000

※3年保証、修正は2回まで

お支払い方法について

現金によるお支払いのほか、各種クレジットカード(一括のみ)、電子マネー(交通系IC・QUIC Pay・ID・楽天Edy・WAON・nanaco)、医療用信販によるお支払いも承っております。
詳しくはお電話またはカウンセリング予約時に、お気軽にお問い合わせください。

お支払い方法について

切らない眼瞼下垂のダウンタイム・術後の過ごし方

Downtime

施術時間 1~2時間程度
腫れ 術後は、手術部位が腫れることがあります。腫れの程度は個人差がありますが、通常は1週間程度で軽減します。
ダウンタイム 個人差によって異なりますが、通常は3日から1週間程度です。
傷跡 瞼の裏側から糸を通すので目立ちにくい傷跡となります。
通院回数 手術後の経過観察のため、定期的な通院が必要な場合があります。
2~3回
持続性 個人差はございますが1~2年程度が目安となります。
麻酔の種類 局所麻酔、静脈麻酔など
抜糸 抜糸はありません。
メイク 当日は不可。アイメイク以外翌日から可能。アイメイクは1週間後から可能
シャワー 翌日より可能です。
飲酒 手術当日は控えてください。飲酒をすると血行が良くなり、腫れが長引く場合がございます。少しでも早く腫れを引かせたい方は、1週間控えていただきたいです。
運動 手術後は、軽い運動は早期回復に役立つことがありますが、激しい運動や重いものを持つなど、手術部位に負荷をかけるような運動は避ける必要があります。手術部位が痛む場合や、腫れがひどい場合は、休養を取ることが大切です。
リスク・副作用 浮腫・左右差・違和感・元に戻ること・異物性肉芽腫

切らない眼瞼下垂の施術のながれ

Step

STEP 01

カウンセリングと診察

STEP 02

麻酔の注入

STEP 03

瞼の裏側から糸を通しミュラー筋を引き上げる

STEP 04

ミュラー筋を引き上げたところで糸を結ぶ

施術可能なクリニック

Clinic

一部オプション等、対応できない院もございます。

表参道院

表参道院

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目9−13
喜多重ビル 4階

診療時間
月、火、木 11:00~20:00
金、土(祝日除く) 11:00~19:00
日、祝 10:30~18:00
休診日
水曜日

名古屋院

名古屋院

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3丁目17−15
栄ナナイロ8F

診療時間
水、木、金、土 11:00~19:00
日、祝 10:30〜18:00
休診日
月曜日、火曜日

大阪院

大阪院

〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目3−26
ぐらんぱれビル5F

診療時間
火、水、金、土 11:00~19:30
日、祝 10:30〜18:00
休診日
月曜日、木曜日

沖縄院

沖縄院

〒900-0014
沖縄県那覇市松尾2丁目8−19
ドン・キホーテ那覇国際通り店 5階

診療時間
月、木、金、土 11:00~19:30
日、祝 10:30〜18:00
休診日
火曜日、水曜日

本ページの監修医師

亀水 優子医師

経歴

所属学会

日本形成外科学会 日本頭蓋顎顔面外科学会

称号・資格

日本形成外科学会専門医

プロフィールを見る

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて