脂肪溶解注射(デオリポ) | 美容外科・美容皮膚科なら表参道スキンクリニック[公式]

脂肪溶解注射(デオリポ)

美容皮膚科 痩身治療

脂肪溶解注射(デオリポ)

デオリポとは

About

デオリポは、顔や体の脂肪を減らす脂肪溶解注射です。気になる部位にデオリポを注射すると、脂肪がボリュームダウンします。FDA(アメリカ食品医薬品局)によって脂肪溶解効果が認められている「デオキシコール酸」が主成分のため、高い痩身効果が期待できます。脂肪細胞を破壊するため、長期間の痩身効果が見込まれます。リバウンドしにくい施術で、食事指導と合わせることで相乗効果が期待できます。メスを使わずに脂肪を減らして、部分ダイエットしたい方にお勧めです。

こんなお悩みの方にオススメ

  • きついダイエットはしたくない
  • 脂肪吸引に抵抗がある
  • 部分痩せしたい
  • 即効性のある効果を実感したい
  • ダウンタイムが少ない治療がしたい

デオリポの料金

Price

脂肪溶解注射(デオリポ)

1本(1cc)

9,900

お支払い方法について

現金によるお支払いのほか、各種クレジットカード(一括のみ)、電子マネー(交通系IC・QUIC Pay・ID・楽天Edy・WAON・nanaco)、医療用信販によるお支払いも承っております。
詳しくはお電話またはカウンセリング予約時に、お気軽にお問い合わせください。

お支払い方法について

デオリポのダウンタイム・術後の過ごし方

Downtime

メイク 顔の施術の場合は、翌日からメイクが可能です
シャワー 当日から可能です
飲酒 腫れが引いていからのアルコール摂取は可能です
リスク・副作用 赤み・痛み・腫れ・針あと・内出血・鈍痛・かゆみ・しこり・即時性・遅延性アレルギー
術後の注意点 二の腕の治療後は重だるさや鈍痛が出現する場合があります。顔や肘周りの治療後はピリピリとした感じが出現する場合があります。これらの症状は通常1,2週間で落ち着きます。
施術部位にしこりが出来ることがありますが、マッサージなどによって消失します.
数日後よりかゆみが出ることがありますが、かかないでください。
炎症を助長させる恐れがありますので、当日のアルコール摂取・入浴・サウナ・激しい運動などは控えてください

施術可能なクリニック

Clinic

一部オプション等、対応できない院もございます。

表参道院

表参道院

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目9−13
喜多重ビル 4階

診療時間
月、火、木 11:00~20:00
金、土(祝日除く) 11:00~19:00
日、祝 10:30~18:00
休診日
水曜日

名古屋院

名古屋院

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3丁目17−15
栄ナナイロ8F

診療時間
水、木、金、土 11:00~19:00
日、祝 10:30〜18:00
休診日
月曜日、火曜日

大阪院

大阪院

〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目3−26
ぐらんぱれビル5F

診療時間
火、水、金、土 11:00~19:30
日、祝 10:30〜18:00
休診日
月曜日、木曜日

沖縄院

沖縄院

〒900-0014
沖縄県那覇市松尾2丁目8−19
ドン・キホーテ那覇国際通り店 5階

診療時間
月、木、金、土 11:00~19:30
日、祝 10:30〜18:00
休診日
火曜日、水曜日

デオリポでよくあるご質問

Q&A

腫れや赤み、痛みはどのぐらいありますか?
多少の腫れや赤みは出ますが、おおよそ3〜4日程度で引いていきます。痛みは、注射の当日から鈍痛や筋肉痛のような痛みが数日続くことがあります。
リバウンドはしないのですか?
注入された薬剤は脂肪細胞の核に作用し、脂肪細胞の数自体を減らすため、リバウンドの心配がありません。
溶け出した脂肪はどうなりますか?
体内で分解・溶解された脂肪組織は、血管を通り血中から腸管を経て、便や尿として体外に排出されます。

本ページの監修医師

亀水 優子医師

経歴

所属学会

日本形成外科学会 日本頭蓋顎顔面外科学会

称号・資格

日本形成外科学会専門医

プロフィールを見る

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて