医療痩身マシン(エムスカルプト)|美容外科・美容皮膚科なら表参道スキンクリニック[公式]

医療痩身マシン(エムスカルプト)

美容皮膚科 痩身治療

医療痩身マシン(エムスカルプト)

エムスカルプトとは

About

こんなお悩みの方にオススメ

  • 筋肉をつけながらダイエットしたい
  • きつい運動はしたくない
  • ボディメイクを楽しみたい

エムスカルプトで期待できる効果

Effect

EFFECT 01

筋肉を鍛えることができる

エムスカルプトで照射されたエネルギーは、1回の照射で約2万回程度の筋肉収縮を起こし筋肉を鍛えることで、引き締まった体へ変化させてくれます。

EFFECT 02

基礎代謝を高めることができる

インナーマッスルに強力に作用することで、基礎代謝を高められます。基礎代謝があがることで、脂肪や糖などの代謝、消費量が多くなるため、痩せやすい体質へと変化します。

EFFECT 03

脂肪を減らすことができる

エムスカルプトによって鍛えられた筋肉は、脂肪細胞における代謝反応をすばやく促します。この代謝反応により脂肪の細胞死が起こり、脂肪を減らすことができます。

エムスカルプトの料金

Price

表参道院

エムスカルプト

シックスパック

1回

88,000

4回

320,000

表参道院

エムスカルプト

ヒップアップ

1回

66,000

4回

240,000

お支払い方法について

現金によるお支払いのほか、各種クレジットカード(一括のみ)、電子マネー(交通系IC・QUIC Pay・ID・楽天Edy・WAON・nanaco)、医療用信販によるお支払いも承っております。
詳しくはお電話またはカウンセリング予約時に、お気軽にお問い合わせください。

お支払い方法について

エムスカルプトの施術の流れ

Step

STEP 01

カウンセリング

エムスカルプトの治療について丁寧にご説明いたします。ご質問やお悩みなど何でもお尋ねください。患者様のご希望や症状を診ながら治療プランを決定いたします。

STEP 02

施術

ジェルは塗布しない施術のためお着替えは必要ありませんが、ご希望の場合は使い捨ての下着のご用意がございます。ベッドに横になった状態でアプリケーターを装着し、施術を開始いたします。

STEP 03

パウダールーム

施術後に必要であればお着替えをしていただき、そのまますぐに帰宅していただけます。

施術可能なクリニック

Clinic

一部オプション等、対応できない院もございます。

表参道院

表参道院

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目9−13
喜多重ビル 4階

診療時間
月、火、木 11:00~20:00
金、土(祝日除く) 11:00~19:00
日、祝 10:30~18:00
休診日
水曜日

エムスカルプトでよくあるご質問

Q&A

エムスカルプトとはどのような治療ですか?
エムスカルプトは、高密度焦点式電磁(HIFEM) 技術を利用して、1回の治療で皮下7㎝の筋肉・脂肪に約2万回の筋収縮を引き起こします。通常のトレーニングでは難しい部位の脂肪を減らし、美しい筋肉を形成できます。同時に、肥満の原因となる脂肪細胞も減少させ、リバウンドしにくい体型へと導きます。
エムスカルプトに副作用はありますか?
副作用として筋肉痛がでる方もいらっしゃいます。2~3日程度で和らぐので心配ありません。
エムスカルプト施術後でもリバウンドはしますか?
エムスカルプトは脂肪細胞を破壊するので、リバウンドのリスクは低いです。ただし、運動不足や食事の乱れによってリバウンドする可能性があるため、注意が必要です。
エムスカルプト治療中はどのような感覚ですか?
治療箇所は温かさを感じます。施術中は横たわり、心地よくリラックスできます。
エムスカルプト治療はEMSと何が違うのですか?
EMSと比較すると、エムスカルプトは約10億倍の出力差があります。EMS(電気刺激装置)は肌表面から約1㎝しか影響がないのに対し、エムスカルプトは約7cmも影響をあたえ、通常の運動では刺激できない深層の筋肉に働きかけます。

本ページの監修医師

河村 拓海医師

プロフィールを見る

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています。

表参道スキンクリニックは、2018年6月に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に従い、ホームページの症例写真(術前又は術後の写真)に必要とされる治療内容、費用、主なリスクや副作用等を記載し、体験談については全て削除いたしました。患者様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
当表参道スキンクリニックでは引き続き医療広告ガイドラインに沿ったホームページの運用をおこなってまいります。

医療広告ガイドラインの取り組みについて
新生活応援キャンペーン