二重術埋没法3点留めcase02

Omotesndo Skin Clinic

施術前 / 施術後

二重術埋没法3点留め

施術名:埋没法

リスク・副作用:内出血・腫れ/二重幅の左右差/埋没糸の露出/感染/二重幅の変化/二重ラインの乱れ・消失/満足度の個人差

クリニック・医師からのコメント

細井孝祐

細井孝祐医師

施術前と施術1週間後のお写真です。

左のお写真が施術前ですが、優しい印象がありますがつるんとした一重でした。
二重術埋没法(1dayナチュラルデザイン)3点留めをお受けいただき、1週間後が右のお写真です。

まだ少し腫れがありますが、とても華やかで可愛らしいお目元になりました。
閉じた状態でも内出血・赤みはありません、お綺麗です。

施術の詳しい説明を見る

モニター募集

モニター募集

表参道スキンクリニックでは、症例モニターを随時募集しております。
モニターにご協力いただける患者さまにはモニター価格で施術をお受けいただけます。

埋没法-リスク・副作用詳細

内出血・腫れ

内出血を起こすことがあります。通常1~2週間で内出血は消えます。

二重幅の左右差

元の目の形や大きさ、糸を埋め込む高さや結ぶ強さのわずかなズレによって二重の左右差を感じることがあります。

埋没糸の露出

埋め込まれた糸が結膜側や皮膚側に出てくることがあり、裏側に出ると眼球を傷つける恐れがあります。糸が露出した場合は抜糸や露出部分の切除が必要です。

感染

感染が起こると赤く腫れることがあります。感染した際は埋没糸の抜去などの治療が必要な場合があります。

二重幅の変化

手術後に眉毛が下がるとまぶたの被りが大きくなり、希望のラインだったとしても二重幅が狭くなることがあります。

二重ラインの乱れ・消失

前の二重のラインが残ったり、三重になることがあります。また、まぶたのたるみや脂肪が多かったり、皮膚が厚ぼったい場合は二重のラインが消失しやすくなり、一重に戻ることがあります。

満足度の個人差

二重の幅が狭い、広いといった完璧な理想の仕上がりとは異なる場合があります。

Inquiryお問合せ電話予約・お問合せはこちらから